拓二どこにいるの?

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

takuji@ホイアン到着 

ニャチャンでバカンスした後は11時間かけてホイアンへと向かう、移動はバスなんだけど寝台バス

この寝台バス、初体験で楽しみだ。シートが倒れて寝れるようになる、やっぱり座ってだと疲れるしな
↓↓↓



でも俺らの席は2段ベットの下、しかも一番後ろの5人掛けのシートで仕切りも何もない、

天井も低いし隣には欧米人のデカイ体が(涙)
↓↓↓



まぁ結局は俺は熟睡して起きたら古都ホイアンに着いていたんだけどね。

ニャチャンで知り合った埼玉生まれの26歳Mちゃんと共にホイアンを観光することになった

レンタバイクを借りてホイアン市内を2台のバイクが駆け抜ける。最初に着いたのは昔日本人町が

あったときに建てられたという「日本橋」(来遠橋)
↓↓↓



この町は昔に中国人や日本人が作った古い町。こういった日本橋など日本の痕跡も残っているんだって
↓↓↓



その後はベトナムの伝統音楽コンサートで癒されて
↓↓↓



民芸品を買うわけでもなく見て回った、毎月14日にはこのランタンが町中に飾られるらしい。
↓↓↓



と、ここでいったん町の観光を中断して、歩き方をふと見てみると、少し走ったところになんと

ビィ~~~チ!!!!があるではないか!!! 誰も文句を言わずに一直線にクアダイビーチへと向かう
↓↓↓



散々ビーチでフリスビーで遊んだ後、再び観光へと戻る

街中には中国の寺院が幾つもある。ひそかに三国志のプチファンである俺が絶対に行きたかったとこ!!

それは「クアンコン廟」三国志の関羽をが祭ってある場所、相棒は興味が無いので俺とのテンション

の違いにビックリした(笑) これ武神・関羽先輩
↓↓↓



これは張飛のダンナ
↓↓↓



劉備の兄貴(左のおっさんはどいてくれなかった(怒))
↓↓↓



次に向かったのが「福建會館」
↓↓↓



綺麗な蓮の花が咲いていた
↓↓↓



建物は中国風
↓↓↓



これ巨大な線香だって、燃え尽きるのに約1ヶ月かかるらしい、コリャ~ 煙くてたまらん
↓↓↓



これは別に関係ない写真、撮りたかっただけ。。
↓↓↓



キレイな傘、日傘かな?? こういうのが似合う女性がいいね♪
↓↓↓



町を歩いているとこういう偶然にも遭遇する、バイクで走るのも気持ちがいいが、

歩いて回ると気がつくものがたくさんあるんだよなぁ~
↓↓↓



次は「貿易陶磁博物館」階段もなんだか懐かしい感じがする
↓↓↓



窓から見た世界遺産の古都ホイアン町並み昔の日本もこんな感じだったのかな???
↓↓↓



日も沈んできて売り物のランタンにも光が入る
↓↓↓



雲も虹色に見える
↓↓↓



最後に見に行ったのが「進記家」
↓↓↓



日本の家造りの製法も取り入れられているらしい
↓↓↓



ネコがいると本当に日本の家に感じてしまうのは俺だけか???
↓↓↓



柱などもキレイに磨かれていて光沢を放っていた、木って手入れをすれば本当に長持ちするんだ!!
↓↓↓



この家は普通の家で、生活をしている人がいる、代々この家を守ってきた人たちがここにいて

これからもずっとこの家を守っていくのだろう。。。
↓↓↓



こうしてホイアン初日はこれにて終了、町並みが本当に懐かしい感じで居心地が良かった。。。

スポンサーサイト

category: 俺@Vietnam

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://fukurou69.blog.fc2.com/tb.php/116-33d23b13
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

カテゴリ

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。