拓二どこにいるの?

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

浮かれすぎてて旅の順番間違えた(笑) 

いやいやぁ~浮かれすぎていて旅の順番を間違えてしまったよ、アハハハ♪

ダラットの前に俺はホーチミンに居る間にツアーに参加してメコンデルタの入り口であるミトーへ

行ったんだった。久しぶりのツアー、しかもガイド付き(英語)市内からバスに揺られて走ること2時間

バスはミトーの船着場へと到着
↓↓↓



島々を船で巡るというツアーに参加
↓↓↓



これが今回のクルーズの船、ゴーイング○リー号に乗って出発
↓↓↓



大きな流れをゆっくりと船は進んで行き桟橋で下船する
↓↓↓



最初の島はライスペーパ島、ここで工場見学をする。製造過程は、まず米を石臼ですり潰す
↓↓↓



それをクレープみたいに焼いていく
↓↓↓



天日に干す、以上。 味は薄い塩味だった。
↓↓↓



どこにでも生っているバナナ別に珍しくも無いのだが、このバナナは今までのとちょっと違って、

かなり小さい、上から下まで5センチくらいのがビッシリ生っていた。
↓↓↓



ツアーなので食事も付いてくるみたい、この魚食えるのかと思っていたら、さっきの工場で造った

ライスペーパに包んで食べるのだが、別料金だってさ、誰一人として食べなかった…焼かれ損やん(悲)
↓↓↓



小さな島だけど住んでいる人たちが居る、その人たちにとって船は大事な足、いろんな所に船着場がある
↓↓↓



一軒の家の窓、いちいちカワイイんだよ。
↓↓↓



昼食後に次の島へと移動、河を走っている船には必ずと言って良いほどハンモックが吊るされている

河の流れに揺られながらハンモックで昼寝、こっちの人はこうしたゆっくり流れる時間を大事にしている

んだと思う。だからピックアップのトラックも平気で遅れてくるんだろうな~♪(怒)
↓↓↓



船は大きな流れから小さな流れへと入っていく、すれ違うのがやっとの流れを進んで行き次の島へ。
↓↓↓



到着したのはハチミツ島、たくさんの箱が並んでいる
↓↓↓



そこで出されたのが、お茶にハチミツとライムを搾って飲むハニーティー…ぅぅ~あ、甘い(苦手)

ほとんどお茶で薄めたのでただのお茶だった(笑)
↓↓↓



しばらく口の中に残る甘さと戦っていると、演奏が始まった。
↓↓↓



さっきまでお茶を淹れてくれていた人たちが、ベトナムの民謡??を歌い聞かせてくれる

こういうのはツアーの醍醐味だろうな~~ 俺らが普通に着てたらまず確実に素通りだろう。
↓↓



甘い歌声とお茶でトロトロになると、次は馬車に乗って島の中を移動する、たくさんの馬車の中から

俺らが選んだのはコイツだ、頭に花を付けられてなんとも滑稽な姿が愛くるしい♪ コイツっきゃない

と思い愛馬ロシ○ンテへと乗り込んだ。
↓↓↓



移動の様子はこんな感じ。俺らも傘を被ったのだが…酷過ぎて載せられない(苦笑)
↓↓↓



到着したのは手漕ぎボート乗り場、この船で更に細い流れを進んでいく
↓↓↓



何の葉っぱかワカラナイが両側から生える葉っぱのアーチをくぐりながら船はゆ~っくりと進んで行く

他の人もいるのでおとなしくしていたが、この時のテンションは最高潮に達していた。
↓↓↓



足をつけると冷たくて気持ちがいい、後ろからきた船の人たちが「魚に食われるぞ」と言ってたが

嘘つけ~ めっちゃ子供が泳いでるやんけ(笑)
↓↓↓



遠くチベットの山から流れて中国、ミャンマー、ラオス、タイ、カンボジアの国境をノービザで越え

流れるメコン河、見た目は泥のような濁った色をしているが、近くで見ると河の水はキレイだった。

こうして先回りしていた元の船へと戻ってきた、しかしこの人たち標識も目印も無いのに、どうやって

目的地に辿り着いているんだろうか???
↓↓↓



青空に浮かぶ点々とした雲を眺めながら、我ら一行は次の未開の島へと向かう。
↓↓↓



今度はココナッツキャンディー島に上陸

あまぁぁぁぁ~~いキャンディをもらい、笑顔で食べる、すぐに吐き出して♪(失礼)工場見学

作り方の過程は

1・有無を言わせず~  くだぁ~く
↓↓↓



2・間髪いれずに~   しぼぉ~る
↓↓↓



3・追い込むために~  にぃぃ~る
↓↓↓



4・混乱させるために~ まぜぇ~る
↓↓↓



5・弱ってきたとこで~ つめぇ~る
↓↓↓



6・離婚した夫婦の縁のようにきった後でボロボロになったとこをやさしく~ つつ~む
↓↓↓



こうして出来上がったのがこれ。
↓↓↓



この島では他にもワインを製造している、これは中に巨大ヤモリが入ってて、もちろん相棒は近づかない
↓↓↓



こっちは中にヘビが入っている、試飲してみたのだが喉が焼けるくらいキツかった!ホンマにワインか?
↓↓↓



天敵であるネコ(ネコアレルギー)に挨拶して島を後にする
↓↓↓



こうして大満喫でツアーを終了したのであった
↓↓↓



このツアー10㌦で参加したのだが、結構面白いではないか、ツアーに参加するのもいいもんだと思った

この後でダラットに向かうのである。。。

スポンサーサイト

category: 俺@Vietnam

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://fukurou69.blog.fc2.com/tb.php/119-8cc78f3e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

カテゴリ

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。