拓二どこにいるの?

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

takuji@スモーキーマウンテン 

6月29日

俺らはシェムリアップから共に行動をしている、千葉県出身の24歳

ジャーナリスト志望のR君(酒豪)連れられて、プノンペンにあるゴミ山

スモーキーマウンテンに連れて行ってもらうことに、R君はここで働く

人たちの写真をずっと撮り続けてる。そんな彼に案内してもらい

長靴を買い、ツクツクに揺られて悪路を進んでいく
↓↓↓


到着してみると「ナンじゃこりゃ!!」すごい量のゴミ山が目の前に広がっている!!

こんなゴミの山は見たことがない(汗)
↓↓↓


ゴミの間を流れる雨水?も真っ黒だ。
↓↓↓


最近は晴天続きだったので、悪臭はそれほどでもないらしいが、それでもかなりの悪臭が漂っていた。

積み上げられたゴミの山はナニが積み上げられてあるのか全くわからないし何がリサイクルできるのか

全く俺らにはわからない。
↓↓↓


奥の方に見えるのはここで生活する人が住んでいるという家!!曇っているのは辺りのゴミ山が

自然発火したもので煙が辺りを覆っている、そこからスモーキーマウンテンと呼ばれているらしい
↓↓↓


山は高い所で20メートル位あり、広さは東京ドーム約2個分もあるんだってさ。

足元に注意して山を下りて行く。
↓↓↓


ゴミ山には子供達の姿もたくさん見え、笑いかけるとニコッと笑い返してくれる。俺はこの位の年代に

一体ナニをやっていたんだろう?反抗期で親に迷惑をかけ始めた頃だと思う…

この山に来て、また新しい経験をして、知らなかった現実を知った。
↓↓↓




ここで働く人たちはほとんどが地方からの出稼ぎ労働者で、1日働いてたった1㌦の給料を手にしている

一家の平均日収は多くて4㌦前後。
↓↓↓


働く子供の姿は本当にたくさん見た、この子達は、栄養が足りないことや環境が影響して

実年齢よりは2~3歳若く見える。ブカブカの長靴でリサイクルできるゴミを探して山を歩き回っている
↓↓↓




ゴミ収集車は引切り無しに入ってきてゴミを落としていく、良い物を集めようと収集車がくる度に

一斉に人が群がる、1日200~400台の収集車がこうしてゴミを落としていく、

年代はわからないが、1日約400tものゴミを落として行くこともあるらしい。
↓↓↓






ここにはプノンペン中のゴミが集まってきている、それをここで働く約2000人の人たちが

拾い集めている、プノンペンのリサイクル率は90%と言われている、これってすごい事だ!


山には割れたビンなどが巻き散っているがこの女の子はサンダルで歩き回っている、

中には怪我をして傷が化膿してしまっている子もいるみたいだ。
↓↓↓




こんな小さな子供もリサイクルできるゴミを探してしゃがみこんでいる。

まだオモチャで遊んでいる年頃なのに。
↓↓↓



これが再利用されるゴミでこれから出荷されていく。
↓↓↓


ゴミ山・スモーキーマウンテンを後に帰ろうとする、後ろを見ると1人の女の子が立っていた
↓↓↓


さっきの山にいた子だ、この子はナニを言うでもなく、ただ俺らの後ろをついて来る

カメラを向けると、ニコッと微笑んでくれた。
↓↓↓



俺は彼女の、ここで働く人たちの気持ちを理解できる日が来るのだろうか…

本当に世の中には、まだまだ今の俺にはわからない事だらけだ(涙)

今回ここに連れてきてくれたR君には、シェムリから、本当にいろいろな事を教えてもらい

俺たちでは行かなかっただろう場所に連れて行ってもらい、本当に感謝している

毎日飲みまくったり、牛の脳みそ、蟻、蛙、蛇…いい経験だ、ウン(笑)

日本に帰ってからもずっといい友達でいられるだろう。

この旅でそういった人達に一体どれくらい巡り合う事が出来るのだろう?

そういった意味でもこの旅は本当に大きな経験だ。
スポンサーサイト

category: 俺@Cambodia

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://fukurou69.blog.fc2.com/tb.php/133-d298a155
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

カテゴリ

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。