拓二どこにいるの?

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

サボテン目指して砂漠へ 

★12月4日★ 

キューバからもう行きたくないのだがカンクンへ

そしてもう滞在したくないので次の日の飛行機でメキシコシティーへ

記憶が遠すぎて覚えてないけど4,000円位かな? とにかくバスより早く安い…だが怖い

宿代をうかすために深夜便で飛び空港の冷た~い床の上で一泊 

朝早くに目的の宿『ペンション・アミーゴ』

今までのとこと違い大都会のシティ!! 

なのだが、ルチャリブレ(覆面プロレス)以外は特に興味も無い

ただタコスはどこの町よりも美味かった

カメラの部品や必要品を買い揃え、歯医者に行き、かけた歯を応急処置し、情報を集め、

砂漠に生える宝物

伝説のサボテン そう!

ペヨーテ目指して北上

目指すは宝はサン・ルイス・ポトシ州にある

Wadley(ワドレー)という街の砂漠にあるという

しか~し、ワドレーに直のバスが無かったので一旦マテワラという街へ向かうことに

しか~し、シティの北バスターミナルから張り切って出発したものの

あまりにもバスが快適すぎてバクスイ

そして気づく!!!!!!

ワレワレワ

マテワラヲスゴクキレイ二

カツ

キモチヨクトオリスギタ


とのことを運転手に告げると

反対側からシティへ向かう同じ会社のバスに乗れと運転手に言われ

どこか分からない途中のパーキングで降ろされ待つこと約1時間

待ちに待ったバスがやってきた!! 

連絡が行っていたみたいで俺らの事情を知っていた運転手に

「いったい何時間寝てたんだ」と笑われ冷かされながらもバスに乗せてもらい

マテワラに到着、ローカルバスに乗り換えて走ること2時間
Wadley

やっとの思いでワドレー到着

Wadley

聞いた情報を頼りに『ドン・トーマス』という人を探すことに

なんかこの人に言えば泊めてくれるって聞いたのだが

そんなに有名なのか?って思うでしょう普通は

しか~しさすがドン街の人に聞いたら皆が知っていたw

一泊40ペソの、しかも個室の部屋をGetして砂漠への拠点とした。

右がトイレとシャワー クソ寒い砂漠の中でのサプライズ…そう水シャワー
Wadley

Wadley

ここが俺の部屋
Wadley

Wadley


先住民族のウイチョール族が神の使いとしている鹿
Wadley

街はこんな感じ
Wadley

なんともまぁ色の無いこと、砂漠の街って感じ
Wadley

Wadley

Wadley


Wadley

Wadley

Wadley


この宿のすぐ裏から砂漠になっている

宿にあらかたの荷物を置き、サボテンを食うために次の日に砂漠へと出かけたのであった。。。

スポンサーサイト

category: 俺@Mexico

thread: バックパッカー - janre: 旅行

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://fukurou69.blog.fc2.com/tb.php/170-b7a06a41
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

カテゴリ

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。