FC2ブログ

拓二どこにいるの?

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

Death Road 

★3月6日★

コパカバーナからバスでボリビアの首都ラパスに到着

そしてボリビアでやりたかったこと

1・ボリビアパーマをかける (達成)

2・インディヘナのおばちゃんプロレスをみる (未達成)

3・Death Roadに参加する (達成)


ボリビアパーマは500円くらいでクリンクリン&痛んバシバシ 

まぁこんなもんでしょうw

プロレスはタイミングが合わずに断念

そして最大の目的のDeath Roadかなり楽しみました。

Death Roadとは

未舗装の石がゴロゴロとしたガードレールなし断崖絶壁の山道を

4700mから1200mまで一気に自転車で走り降りる・・・だけ

少し前までは年間200人とか亡くなってたらしい

現在でも年間4、5人ほど亡くなっているとのこと

車一台が通れる位の道幅、転落事故が絶えないので、世界一危険な道路

と言われている。

そんなDeath Road・・・行ってきました。

ラパスにあるツアー会社で申し込んだのだが

どこの会社も内容はさほど変わりない

それならば生き残った後にもらえるTシャツのデザインで決めようと言うことで

選んだ会社がサガルナガ通りのアレムホテルより少し上にある

Xtremdownhillという会社。

ウェアー・グローブ・ヘルメット・自転車・送迎・朝飯・おやつ・ランチ・Tシャツ・写真DVD

が付いて合計350ボリビアーノ+エントリー料25ボリビアーノ

自転車は一番安いやつで350ボリ(前サスペンション)

450ボリ(後サスペンション)となっているけど

迷うことなく350の自転車をチョイス

朝6時50分に迎えにきてもらい4700Mの山頂へ

ウェアーに着替えて朝食
縮小IMG_0008

縮小DSC_7960

奥にある緑色のが俺らの(安い)チャリ 参加した日本人だけが安いヤツw
縮小DSC_7951

縮小DSC_7957

天気は残念ながら曇り。

朝食後にいよいよ出発
縮小IMG_0019

最初はアスファルトの道を等間隔に広がり下る
縮小IMG_0047

縮小P1190398


切れ間から見える山をみながらどんどん下って行く。
縮小P1190380

時折見えて来るこれは何なんでしょう・・・
縮小P1190432

縮小P1190353

最初は余裕なのよ、最初は

しばらく下ったところでいったんバスに乗り移動

移動した先から本当のDeath Roadの始まり

未舗装砂利砂利石石道
縮小IMG_0108

最初は少しビビってたけど、前後でガイドが挟んでくれて写真を撮りまくってくれるし

一番後を車がついてきてくれるので安心
縮小IMG_0119

とはいっても反対側は思い切り崖

油断するなと何度心で叫んだか

縮小P1190485


縮小P1190483

最初はユックリ行こうと思ってたのだが

前を走ってるイスラエル人にだんだん腹が立ってきて

後半になりレースとなっていった 

33歳日本人(元大工)
        VS
          22歳イスラエル人(徴兵上がり?)
 

果たして勝敗は!?

川を渡り、滝にうたれながらレースは続いて行く
縮小P1190518

バンバン跳ねる自転車を押さえ込む腕がプルプルしてくる

下りでスピードがどんどん出るので、ブレーキやライン取り、かなりの集中力が必要となる

少しでも気を抜くと
縮小IMG_0147

4200Mから下って下って下って下って

そして最後にフワッと登る

これが一番しんどかった

最後のフワッとしたところを越えるとゴール
縮小IMG_0184

勝負の結果は残念ながら2位でした・・・

ゴールでみんなでビールで乾杯

その後昼飯を食ってラパスへと帰って行きました。
縮小IMG_0224

危険だと言われているDeath Roadだけど、

自分のペースで走れば全く問題ないと思う

大自然を満喫できる素晴らしいレースでしたとさ。
スポンサーサイト

category: 俺@Bolivia

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://fukurou69.blog.fc2.com/tb.php/177-907f3a75
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

カテゴリ

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。