拓二どこにいるの?

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

ウユニ塩湖・・・ツアーガイド 

★3月10日★

ラパスからオマール社のバスにて100ボリビアーノで10時間ほどでUyuniに到着。

目的はもちろん雨期のウユニ塩湖をみるため!

雨期の時期に合わせ、学生が卒業旅行などでマチュピチュ&ウユニ塩湖にたくさんやってくる。

リマからここまでの間に、本当にたくさんの学生と出会った!!

2月の新月らへんがピークだと思ってたけど

3月に入ってもまだまだピークだったw

日本・カナダ・アルゼンチンの各所から俺が行くタイミングに合わせて

俺が行くと言ったからいろんな人がウユニを目指してくるので、

俺が行かないというのはダメ絶対

みんなと連絡を取り続けるため、下調べをするため、宿の手配をするために

先遣隊(1人)として新月の12日を前に乗り込んだ。

町中のネットの環境が最悪、唯一繋がる宿MANAhotelにチェックイン

町中はそりゃもう日本人だらけ、ツアーから帰ってきた人は塩だらけになっていた

塩漬け日本人だらけ

一緒に来た人や、先に来ていた人がどんどんと塩湖へ出かける中

一発目の感動をみんなで共感しようと、何にもないこの町で

指をくわえてひたすら待つこと2日間

ついに方々からやってきた皆さんと合流

念願のウユニ塩湖へと足を踏み入れることができるのであった。

日本人がよく利用する会社は、

ホダカツアー(125ボリビアーノ・長靴込み)

ブリザツアー(135ボリビアーノ+長靴10)


ブリザの方が10高いのだが、俺はブリザでツアーに行くことに決めていた

なぜなら!!!

店のお姉さんのマリちゃん(美人の26歳ボリビア人)が

とっても気に入ったから
・・・それだけ

この時期は雨の量が減ってきていて、見たい景色が見れるかどうか心配だったけど

この時期だからこそ、乾いた塩湖と水張りの塩湖の両方を楽しむことができた。

納得がいく景色が見れるまで、方々から集まってきたみんなの納得がいくまで

俺は時間があるけど、みんなは短期なので時間がない

計6回の塩湖アタックをハードなスケジュールで組み、睡眠不足でこなしたのである。

そして出会えた景色がこちらです(前書きながながとスイマセン)

まずは列車の墓場
縮小DSC_7992

縮小DSC_7998

     縮小DSC_8006

         縮小DSC_8009

縮小DSC_8013

そして乾季の塩湖

外人さんは雨期の塩湖より乾季の塩湖のトリックアートの方が興味あるんだってさ
縮小DSC_8055

塩湖内にある塩で出来たホテル
縮小DSC_8566

縮小DSC_8560

縮小DSC_8564

ちなみにウユニ塩湖は標高3700Mで四国の約半分の大きさの塩の大地

雨期にはそれが全て水で覆われるらしい、

そしてこちらが水が張り天空の鏡となったウユニ塩湖

縮小DSC_8617

縮小DSC_8699

縮小DSC_8650

縮小DSC_8724

縮小DSC_8696


雲が秋雲になってしまっていたのだが素晴らしい景色だった。
縮小DSC_8180

夕日もキレイに反射
縮小DSC_8142


縮小DSC_8244

縮小DSC_8193

縮小DSC_8195

縮小DSC_8514

        縮小DSC_8364

なんで新月に来たかというと、新月になると月が消えて満天の星空が水張りの塩湖に反射して

そこはもはや地球ではなく宇宙になる

そのために新月に会わせてみんなやってくる

俺らもそれを目指してきたのだが、結果から言うと

別に新月じゃなくても、その前後なら月は明るいうちに登り夜中には沈むので

そのタイミングでくれば別に新月じゃなくてもイイ訳よw

雲がなく、月がなく、風がなく、水が張っているという条件ならばね

それが全てそろうとこうなる
縮小DSC_8741

縮小DSC_8776

縮小DSC_8808

比較できないけど、俺らが行ったときは本当にいいタイミングだったと思う

天の川もキレイに見えてたし。
         縮小DSC_8856

            縮小DSC_8839

縮小DSC_8834

そして朝焼け
縮小DSC_8865

縮小DSC_8878

最高のメンバーと最高の時間を過ごしました。

こうして俺を残し、それぞれの場所に戻って行きましたとさ。

ということでツアーガイド終了〜 お疲れさまでした俺

ちなみに、ビックリすることに、これ世界遺産じゃないんだって!!!

こんな素晴らしい景色、他にはないだろう景色なのにね。。。

スポンサーサイト

category: 俺@Bolivia

コメント

とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!

URL | 履歴書 #-

2014/05/06 17:09 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://fukurou69.blog.fc2.com/tb.php/178-04640de8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

カテゴリ

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。