拓二どこにいるの?

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

念願のあの山 

★4月22日★ Fitz Roy

Calafateから El Chalten (エル・チャルテン)へ移動

バス停に到着していつも通り宿を探す

パタゴニアの夏が終わり、冬が近づき始めている町は静かだった。

ツーリストもあまり見かけない

そんなシーズンオフの町

という事は・・・ 

宿がねぇ〜〜〜〜〜〜〜〜

って訳ではないのだが、調べていた宿が営業していなかった!!

いくつかあたってみて見つけた宿にチェックイン

岩山に囲まれた小さな町、町自体に見所はないかな〜
DSD_1128.jpg

DSD_1129.jpg

さて、見所たくさんのパタゴニアのなかでも特に来たかった町、チャルンテン

何故来たかったかというと

俺の好きなアウトドアブランド・patagoniaのロゴになっている山

Monte Fitz Royがあるからだ
DSD_1125.jpg

持っている人がいれば見比べてみて、そのまんまだから
_DSD1499.jpg

この山が朝日で真っ赤に染まる所を見たくて、またしてもキャンプを計画するのだが

シーズンオフなので次の町に行くバスの数も少なく、3日おきにしか出ていない

長居する時間もないので、天気の良さそうな日を選び2泊3日で勝負する事に。

多めの食料と、多めのガスの準備も完了

トレッキング前日の夕日、期待が膨れる光景
DSD_1120.jpg

出発の日の天気は良好
DSD_1132.jpg

DSD_1137.jpg

DSD_1140.jpg

パイネに比べたらずっと楽なトレッキング

ちなみに今回のトレッキングはコースがいろいろあったのだけど

色んな場所を諦め、フィッツ・ロイだけにしぼったので

フィッツ・ロイの写真だけ、いろんな表情のフィッツ・ロイを載せます。
DSD_1141.jpg

フィッツロイは別名チャルテン(煙を吐く山)とも呼ばれていて、

雲で大事な部分を隠している事が多いシャイな山らしいのだが、

・・・剥き出しですやん!!!

フィッツ・ロイのフィッツ・ロイな部分が丸出しであった。

多分コレはスゴくラッキーな事なんだと思う。

DSD_1146.jpg

2時間ほど歩いたところにある最初のキャンプサイト・カプリ湖で休憩

少し風が強く、湖面は波立っていた。

湖に反射するフィッツ・ロイ・・・が見れるのはもう少し読んだところに載ってます。

頑張って読んでくださいw

ここも紅葉がキレイだった、移動、宿、いろいろ大変だけど、この時期でよかったかも
DSD_1161.jpg

DSD_1145.jpg

DSD_1178.jpg

暇だったので
DSD_1184.jpg

DSD_1173.jpg

_DSD1503.jpg


DSD_1191.jpg

DSD_1199.jpg

DSD_1203.jpg

DSD_1205.jpg

目的のキャンプ場に到着、テントを張ってからする事が無くなった俺ら

今から更にフィッツ・ロイに近づくには遅すぎるので

晩ご飯をカプリ湖まで戻って食べる事に

荷物もないので1時間ほどで楽に戻れる

風も弱くなってきていた。
DSD_1225.jpg

湖に到着したとき、マジで湖まで行こうと決断したのが正解だったと今でも思う







あのままキャンプ場にいたら出会えなかった景色







このときカプリ湖に戻った俺らだけが見れた景色








その景色がコレです







DSD_1254.jpg

DSD_1264.jpg

最高の景色を見れて、いつもの缶詰で作った、いつものパスタが

忘れられない味になったのはこの場にいれた4人が思っただろう

というか思っててほしい

・・・どう思ってるの?

俺だけが思ってたの?

ひょっとして4人で居たのに俺1人だったの??

・・・続く
スポンサーサイト

category: 俺@Argentina

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://fukurou69.blog.fc2.com/tb.php/191-92d3ff8f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

カテゴリ

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。