拓二どこにいるの?

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

念願のあの山 (その2) 

★4月23日★

暗い中、朝焼けに燃えるフィッツ・ロイを見るため

テントをそのままにしてカメラと防寒具だけを持ってキャンプ場から更に上を目指す

1時間ほど登ればフィッツ・ロイの目の前まで行けるのだ

空を見上げると星空が見えていたのだが、日が昇る方には厚い雲が

ちょっと不安だが行ってみなければわからないので登る

この登りがまたキツイ

ずっと登りっぱなし、後半の勾配は結構なもの

とは言っても、パイネで鍛えられてるし、昨日のトレッキングもユルかったし

なんだかんだで登れてしまう。

頂上で震えながら日が昇るのを待つこと1時間

空がだんだんと赤くなってくる、けどヤッパリ雲が多い
DSD_1269.jpg

肝心のフィッツ・ロイはご覧の通り
DSD_1273.jpg

山も太陽も雲に覆われてしまっていた。
DSD_1286.jpg

諦めて帰ろうとしたときに少しだけど赤くなった
DSD_1281.jpg


ちがぁぁぁぁぁ〜〜〜〜〜〜う 



薄い、赤が薄い



こんなんじゃねぇぇぇだろうが



もっと萌え燃え上がれフィッツ・ロイ



本気出してみろフィッツ・ロイ
DSD_1283.jpg

俺の願いは悲しく、これ以上赤く染まることはなかった

諦めてキャンプ場へ戻り作戦会議の結果

他のトレッキングルートを行くのを止め、ここでもう一泊して明日にかけることにした。

そんな話し合いをしているうちに天気も良くなってきた
DSD_1217.jpg

とっても暇だしもう一回登ってみた
DSD_1322.jpg

雲一つないフィッツ・ロイ
DSD_1324.jpg

朝にコレが見たかったのに。
DSD_1346.jpg

とりあえず昼間のフィッツ・ロイは堪能した

明日の朝焼けに期待して今日は就寝

・・・

・・・

・・・と思ったのだが!!!

俺がここに居た時が満月のちょっと前の日

ふと夜に山を見上げてみると!!!

満天の星空と月明かりに照らされたフィッツ・ロイが!!!!

_DSD1382.jpg

_DSD1374.jpg

明日への期待を膨れ上げさせてくれる光景でした。

続く
スポンサーサイト

category: 俺@Argentina

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://fukurou69.blog.fc2.com/tb.php/192-4eff206a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

カテゴリ

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。