拓二どこにいるの?

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

念願のあの山 (その3) 

★4月24日★

目覚ましで一度目が覚めたのだが、寒くてまさかの2度寝

ラストチャンスの日にとんでもないことをしでかしてしまった。

急いで身支度を整え3度目の山頂へ

昨日は時間に余裕があったのだが、

今日は気持ちのイイ2度寝のせいでかなりのタイムロス

途中で空が明るみ始めたときはマジで焦った

後半はほぼ走って登ったもんな

展望台に到着、見上げた空には星が輝いていた、雲もない様子

そしてこの勝負、俺らの勝ち
_DSD1437.jpg

山にも雲がかかっていない状態

日が昇に連れてどんどんと表情を変えて行くフィッツ・ロイ
_DSD1440.jpg

_DSD1442.jpg

服(雲)を着ていない丸裸の

人(山)は見る見るうちに赤面していくのであった
_DSD1456.jpg

_DSD1471.jpg

そして赤から黄色へ
_DSD1479.jpg

もう最高だった

だって昨日はコレだよ
DSD_1286.jpg

それがコレだよ
_DSD1488.jpg

_DSD1482.jpg

あの雲がもっと下にかかっていたら危なかった
_DSD1497.jpg

感動してアホみたいに写真を撮りまくる

同じアングルの写真でもここまで表情が違うと楽しかった。

よし大満足

これで心置きなく下山出来る

ちゃんとしたご飯が食べれる

風呂に入れる

ベッドで眠れる

足取り軽くキャンプサイトに戻り

赤フィッツ・ロイを見れたお祝いに

ウユニで少しだけ合流したバンクーバー時代の友達にもらった

インスタント赤飯を食べた。

この赤飯が、餅米が、小豆がどれだけ美味かったか

おそらくここで赤飯喰ったのって俺らだけじゃないだろうか??

そしてテントをたたみ町へと帰るのであった。

他のルートを捨て、ここで張り込んで正解だったとつくづく思う。

パイネから一緒の2人、

カラファテで出会い、このトレッキングの初日に再会し

道連れとして無理矢理?延泊させたEちゃん

4人にとって最高の思い出となったとさ 

次の日の深夜バスに乗りPerito Moreno (ペリトモレノ)へ移動
スポンサーサイト

category: 俺@Argentina

コメント

わー!見れたんだ!!!すごい~!

URL | お蝶 #-

2013/05/24 09:57 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://fukurou69.blog.fc2.com/tb.php/193-637e9d72
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

カテゴリ

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。