拓二どこにいるの?

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

念願のテーブルマウンテン(雨期の場合) 

★8月27日★

バヘリーニャス➡サンルイス➡ベレン➡ボアビスタと移動

なぜかベネズエラの国境にあるガソリンスタンドが大渋滞

後で聞いたらこの国のガソリンの値段が異常なくらい安い

どれくらい異常か!!

なんと1ℓ=0.5円(闇両替レート)となっております。

ブラジル側から給油のためだけにやって来る人で大渋滞

その闇両替がどれほどかというと

通常1$=6〜7ボリーバル

闇両替1$=36ボリーバル


なんと6倍!!・・・大丈夫かこの国??

大丈夫かこの国にいて!?ってなるわな

そもそもの目的は5年前から行きたかった場所ギアナ高地に行くこと

なんだけど、闇両替を使えば、どえらい安くフライトのチケットを買えるという話

聞いた話ではアジアまでの往復が4万円とか

そんな訳でやってきたのだが

結果的にそんなチケット見つけられませんでした(サンタエレナでは)

首都のカラカスやもう少し大きな町まで行き空港に直で行けば買えたかも知れんけど

とにかくこの国の警察が腐りきっていて、バスで移動する際の検問で

ツーリストのみ個室に連れて行かれ荷物チェックされ

その際に現金やカメラを盗むとの情報多々あり

実際に盗られた人にも会ったし

そんな訳で、サンタエレナから出ていません

盗まれたくないんです

ムカつきたくないんです

この国を嫌いになりたくないんです

ハイ。


先も書いたけどレートが6倍

ロライマに行くための3人分のツアー代の500ドルを両替すると

_DSD5378.jpg


見たことないような札束が手元に!!

ちなみに宿代が1日90ボリーバル

こんだけあれば何でも買える気にもなりますわな・・・ツアー代ですぐに消えたけどね。

さて、目的のロライマなんやけど今の時期が雨期

曇っててテーブルマウンテンが隠れてたらどうしようとか

小雨らないいけど豪雨だったらどうしようとか

なんせ5泊6日のツアーどこで雨が降ってもおかしくない

さんざん悩んだ末に覚悟を決めて出発

★1日目★

目的のテーブルは・・・ウン、そこそこの雲がかぶっている
_DSD5383.jpg

スカッと晴れてクッキリ見えてたらテンションも上がるのだが・・・

落ち込んでいても来てしまったからには行くしかない!

俺らのテントや食事は全てポーターが運んでくれる

俺らの持っているようなバックパックではなく

このカゴに乗せて行くんだけど
_DSD5385.jpg

これがま〜ぁむちゃくちゃ重い

コレを背負って行けと言われたら正直無理です

それを慣れたもんで、ポーターたちは軽々と背負い、

すごい速さで歩いて行く・・・クロックスで
_DSD5396.jpg

言っとくけど天気良くないからな!ここだけ晴れ間やから

そんなポーターの背中を追いかけるのだが

ちゃんとしたバックパックで、

彼らより少ない荷物で

しっかりした靴

・・・全く追いつかない。

ポーターに追いつかかず逸れるのはいいのだが

俺らのガイド、「ちょっと寄り道するから先に行って」と言われ

教えられた道を歩いて5分で分かれ道

いきなり道に迷う俺ら

待てど暮らせどガイドは来ない

立ち往生しているところをポーターに発見され正規の道へ

俺らのガイド・・・そこそこ約にはたたなかった。

だって頂上まではほとんど俺らだけで登ったしな

教えてください、何を持ってしてガイドですか??

そもそもガイドの仕事ってなんですか?

そんな疑問を抱いたままひたすら歩く

向かう先は暗雲、後方に広がるのは晴天

ナンデオレハアッチニムカウ??

多分みんな思ってたと思う。

案の定の豪雨に見舞われ第一キャンプ場に到着
_DSD5403.jpg

小さな吸血小蠅プリプリ、名前は可愛いのに刺されると蚊よりも痒い

大量のプリプリと格闘しながら寝るまでの時間を過ごす
_DSD5412.jpg

パタゴニアのトレッキングと違い食事などの心配がないから楽だよ(大野君、谷君)

することもないので早々にテントに入り初夜を過ごす。

★2日目★

天気も悪いし、途中からまたもや豪雨

向かうはロライマの麓の第二キャンプ場

豪雨により出来たばかりのドロドロの坂道

写真?撮れません、カメラ出せません、出せるものですか

ポンチョを着てても流れ込む雨と汗でビショビショ

そんな中をカッパを忘れて傘で歩く我らが紅一点(スミちゃん)

トレッキングで傘さしてる人をこの時初めて見た

何とも不思議な光景だったw

注・彼女は決して山をナメてる訳ではありません(ゴメンねスミちゃんw)

そしてこの日もガイドを見たのはキャンプを出発するときと到着したとき

「・・・」

相変わらず雲に見え隠れするテーブルマウンテン
_DSD5444.jpg

_DSD5443.jpg

俺はが見たいんだよ

キレイな角刈り張りの90度

差し金がピッタリ当てられるくらいの

この写真もどれほど待ったことか

言っとくけどなテーブル

そんな角のチラリズムなんてまっっっっっっっっったくそそられへんからな

ぜんっっっぜんグッと来ない

だめ

夜には雷なってるし
_DSD5462.jpg


明日への期待もアンタ、そりゃぁぁぁぁもう見事に吹っ飛ぶわな

晴れて欲しい願いが強すぎて

この日の夜に晴れる夢見たもんなwマジで

う〜む、長くなったので次に続くとしますか
スポンサーサイト

category: 俺@Venezuela

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://fukurou69.blog.fc2.com/tb.php/222-9fefcabf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

カテゴリ

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。