拓二どこにいるの?

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

念願のテーブルマウンテン(最終章) 

★6日目★

まだ月がハッキリ見える時間

テントから這い出して昨日の夕日と同じ場所へ

できるだけ良い景色を見るために少しでも高い場所に登りたくなってしまうw

バカと煙ってヤツですね

_DSD6217.jpg

来た時とは大違いの天気に恵まれた

まずこんな山が見えんかった

暗雲しかなかったもんな

色なかったもんな

白黒の世界でしたよマジで
_DSD6230.jpg

来たときが最悪の天気だっただけに、見えることの感動が大きくなった

ロライマの情報、人の写真やネットで調べたものを目当てで進んできた

当たり前にそこにある訳ではないんですね

いつでもその景色がそこにある訳はないですね

とは言ってもですよ

期待するわな

楽しみになるわな

ワクワクするでしょ

そして裏切られてきたことは多々あるんですけどね
_DSD6234.jpg

_DSD6257.jpg

_DSD6261.jpg

朝日鑑賞も十分楽しむことが出来た

終わりよければ全て良し

とは言ってもだよ

晴れてて欲しいわな

山ずっと見えてて欲しいわな

雨に濡れたくないわな

俺そんなに寛大ではないわな。

さて、後は帰るだけ
_DSD6290.jpg

ロライマに別れを告げ帰路へ
_DSD6274.jpg

・・・こんな道じゃなかった、

来たときこんな道じゃなかったぞ

むっちゃ歩きやすいやんけ!

何も避けなくていいやんけ

川わ?

水たまりは?

泥は?

ガイドは?? そういやいたねそんな登場人物も

どこ行ったっけか??

もうどうでもいいやw
_DSD6302.jpg

ポーターたち、荷物がかなり減ったので大分楽そう

俺らは来た時と何も変わってないから同じだけどね
_DSD6300.jpg

これにて5泊6日のロライマトレッキング終了

スミちゃん、ナオ君、ヨシ君、お疲れさまでした。

これで思い残すことなくベネズエラを去れると言いたいのだが

1つだけ心残りが

それはフライトのチケットでも

エンジェルフォールでもなく

ブラジルとベネズエラの国境に住んでいる

ヤノマミ族という少数民族を見れなかったこと

宿のポスターの写真を見て

この部族をどうしても見たくて見たくて

インターネットで調べて調べて興味が膨らみ

簡単に行けると思って聞いてみたら

なんと!車、ボートをチャーターし

20日間もの時間を要し

費用は3000ドルかかるのだ

コレは絶対に無理です

旅の最中にちょっと行ける場所ではないんです

それなのにですよ、俺は言いたい

「あんなにお手軽に行けそうな感じでポスター貼るなよ」

何故そんなに見たいのか?

この部族

なんと

世界で

一番

血圧の低い部族なんです

見たいでしょ? 話したいでしょ?

何故そんなにも血圧が低いのか?

彼らの食物は、動物の肉、魚、昆虫、などで調味料としての塩がない

極端に塩分が少ないから血圧が低いんだとさ、世界一

そしてこの部族

女子は平均14歳で妊娠・出産する。出産は森の中で行われ、へその緒がついた状態(=精霊)のまま返すか、人間の子供として育てるかの選択を迫られる。精霊のまま返すときは、へその緒がついた状態でバナナの葉にくるみ、白アリのアリ塚に放り込む。その後、白アリが食べつくすのを見計らい、そのアリ塚を焼いて精霊になったことを神に報告する。

んだとさ

ツアー会社の人が言うには、近くの大きな町まで行けば

たまに病院に来ているヤノマミに会えるらしい

それでもかなりの時間と費用がかかるので

残念ながら諦めました

興味のある人は行ってみてください

出会えますよ世界一低血圧の部族に
スポンサーサイト

category: 俺@Venezuela

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://fukurou69.blog.fc2.com/tb.php/225-44b8fae7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

カテゴリ

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。