拓二どこにいるの?

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

あの!アマゾン川を行く話 その2 

★9月14日★(2船目)

久しぶりの大地であるタパティンガ

ペルー・ブラジル・コロンビアの3カ国国境の町

ちなみにタパティンガはブラジル側のそこそこ大きな町

町です!電気があります!土があります!歩けます!

車走ってます!バイク走ってます!市場があります!


久しぶりの文明がそこにありましたw

沸き上がる欲求

ベットで寝たい!

アマゾンの水じゃないシャワーを浴びたい!

鶏肉以外が食いたい!

もう蚊に刺されたくない!

船は暑すぎる!

とにかく暇!


1週間の船の生活で荒んできましたね

ブラジルのイミグレへ行き出国

小舟で川を渡りペルー入国

船着き場へと移動

ちょうどのタイミングでイキトス行きの船に乗る事が出来てしまった(涙)

今度の船はハッキリ言ってボロいです

奴隷船です

鉄檻船です

そんな船で3泊4日を過ごしました。

それでは書いていきましょう

まずいきなりの座礁
_DSD7029.jpg

今の時期は水位が下がっているため浅瀬に乗り上げました

前へ後へ何とか抜け出そうとするが、船は回転するだけ

1時間ほどしたところでサイレンを鳴らして大きな船が

おぉ!!救助にやってきた!!

って思うわな

無線で救助を呼んだって思うわな
_DSD7026.jpg

一直線に通り過ぎて行った!!!

ペルーの人は薄情者ですね
_DSD7028.jpg

2時間ほどもがき何とか脱出。

船での生活は前と同じ、当然ハンモック生活
_DSD7019.jpg

特に問題もなくグッスリ眠れます
DSC_5336.jpg

最初の船と比べ船のレベルが下がると

食事のレベルも極端に下がりました

量も少なくなってしまった。

今思うと最初の船はかなり良かった

停泊した村々で乗ってくる物売りの人たちから買う物資により

厳しい食事事情を乗り切る事が出来ました

同じ川を進んでいるのだから見える風景も同じ、

違うものを見つける事は出来ませんでした

何が見えるかって!?

だから雲・川・空・ジャングル・鳥・イルカ・流木・流草・たまに村・小舟だって

そして日課の朝日、夕日鑑賞
_DSD6998.jpg

_DSD7003.jpg

そして恒例?

子供を手懐ける事に成功
_DSD7037.jpg

_DSD7047.jpg

使用した道具は折り紙
_DSD7055.jpg

ついでに大人達も手懐ける
DSCF1119.jpg

DSCF1117.jpg

前の船と比べこの船よく停泊すると思っていた

早く進みたいのに何なんだろう??と思っていた

するとある事を発見してしまいました

私見ちゃいました

なんと岸辺で手を挙げている人を見つけると

船を岸に寄せ・・・ちがうな船を岸に突き刺し客を乗せていた

そんな簡単に乗れるのこの船!?

俺の人生で初めて見た

『手を挙げて止める一番デカい乗り物』です

そんな感じの移動なので

当初1泊2日と聞いていたのだが結局3泊4日かかり

1日遅れでイキトスへと到着しましたとさ。
スポンサーサイト

category: 俺@Peru

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://fukurou69.blog.fc2.com/tb.php/230-edf3fdef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

カテゴリ

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。