拓二どこにいるの?

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

インドなのにインドでない? コヴァラームビーチ 

★3月02日★

カニャークマリからトリヴァンドラムでバスを乗り換えて30分ほど走ったところで

アラビア海に面した“コヴァーラムビーチ”へ到着。

バスを降りて宿探し、しかし変なインド人が断っても断ってもついてくる、

俺が入ろうとするホテルへ先回りしたりと、かなりウットおしかった、最初は我慢していたのだが

余りにもシツコイ(怒)シツコイにも程がある、ウザイ、メンドクサイ、

久しぶりに来たよこれは、俺に、天から怒りの神が舞い降りてきた

目的のホテルに入ったところで限界「どっか行けよテェェンメェェェェワ~~」(ハァハァ)

といった感じで本気でブチ切れた(日本語だけど)すると驚いた宿のオーナーがなぜか謝っていた

落ち着いてからオーナーには謝りましたよ、ちゃんとね。

「ゴメンなさい、俺、アイツがムカツキました。殴っちゃうとこでした、そして泊めて下さい。」

そんないきなり玄関先でブチ切れていた俺を、オーナーは快く泊めてくれました ヨカッタヨカッタ

泊まった部屋は、この10ヶ月の旅の中で、泊まった事もないくらいの広い部屋!!




しかも掃除が行き届いていて…うっ 美しい




ドアの前にはくつろげるスペースもあり




南国を思わせる花が咲いているではないですか♪ …俺、この町が好きかも、一瞬で感じたのであった




宿から海に行くには、幅1mほどの入り組んだ小道を歩いて行く事になる

小道の両サイドには手作りの衣服や土産物、ネット屋、レストランが並んでいて、歩くだけで楽しい。










ビーチ沿いではオバサンたちが、新鮮かどうかはワカラナイガ、フルーツを売っている

金がないと言うと「後でいい」と言ってツケで買わしてくれる。

オバサンさぁ~ 俺が良い人だから大丈夫だけど、他の人なら逃げられるかもしれないよ(笑)




午前中に海に行くと、砂浜には声を張り上げて地引網を引く漁師達の姿があった

カメラを持たずに泳ぎに行っていたので、写真はないのだが、レストランには魚料理を出す店が多かった。




ビーチでは今がシーズンのハズなのだが、旅行者の数はチラホラしか見られない。

海の水はというと、インドで俺が見た中で一番キレイで澄んでいた。




波も多少はあり、ボディーボードのレンタルもやっていたのだが…なぜサーフボードじゃないんだ(涙)




人が少ないのでこんな風にビーチを独占する事も可能である、まさにプライベートビーチ




ビザ切れまで残り3週間となった俺、ここでノンビリするか、後でノンビリするか考えた末に

1泊だけして、次のコーチンへと向ったのである。

24日にはコルカタからバンコクへ飛ぶチケットは押さえてある、しかしインドの電車の事情を考えると

ここでユックリして、後で電車に乗れず、飛行機にも間に合いませんでした、では話にならない、

コヴァーラムビーチは非常に勿体無いのだが、駆け足で抜けざるを得なかったのである(涙)

インドなのにインドではないビーチ、次回は沈没しに来るからな。。。


スポンサーサイト

category: 俺@India

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://fukurou69.blog.fc2.com/tb.php/29-35ac32eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

カテゴリ

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。