拓二どこにいるの?

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

何しに来たのだ??マハーバリプラム 

★2月25日★

プリーからの沈没を脱して、電車に揺られてやってきたのが“マハーバリプラム”という町

プリーからは直で来る事が出来なかったので、電車でチェンナイ行き、そこからバスに乗換えとなった。

バスを降りたところで、宿の客引きのオジサンと交渉して宿をゲット、小さな町で、海にも近くて

プリーに引き続き、かなり良い感じで沈没できそうな場所である

誤解されないように言っておくが、別に沈没を求めているのではないので、くれぐれもヨロシク(笑)




到着したその日には、部屋に小さな来客が




勝手に部屋に入ってきて、特に何をする訳でもなく、ただひたすら手を洗っているだけだった(謎)




さて、町を観光に行こうと思うのだが、特にコレと言って面白い物が(俺にとって)ある訳ではない

世界遺産に登録されている寺院があるのだが、別に見た目がどうこう言うわけではないのでパス

それよりも町の中心部に広がっていた岩山が気になったので行ってみると、何と“タダ”で入れる!!

そのタダで入れる場所には、世界最大のレリーフと言われている“アンジェナの苦行”がある

それが世界最大と言われても、別に俺が全てのレリーフを見た訳でもないので、何とも言えないのだが…

まぁ250ルピー払って、どうって事のない(俺にとって)世界遺産を見るよりも

はるかに“タダ”で入れる岩山の方が魅力的なのである




何と書いていいのかワカラナイので勝手にコレを寺院と書かせてもらいます。

こういった岩山を削って出来た寺院がたくさんあった。




中には彫刻が施された柱などあり







世界最大ではないレリーフも描かれていた。







上手く写真が撮れなかったので伝えられないかもしれないのだが、

世界遺産の寺院よりも“タダ”で入れるこっちの方が“確実”に楽しめたのであった。

見る物はあまりないのだが(俺にとって)町自体の雰囲気は、適度に田舎でユックリできる感じ

時間がないのでユックリもしていられないのだが、それでもやって来たのは、ちゃんとした理由がある

『歩き方』に載っているのを見て、絶対にこの町に来ようと、ずっと心に思っていたのだ。

それは『象が引いても動かない不思議な石』と書かれている“バターボール”を見るためだ

それを見るためだけにこの町に来たと言っても過言ではない、というか本当にそれだけの目的で来た(笑)

…そんなものですよ、俺の旅なんて(笑)



見よ、この絶妙なバランスを!!




横から見たらこんな感じで、影が人々の休憩場所になっている。

だから何? と言われたらどうしようもないのだが、とにかく俺はコレが見たかったの(怒)

インドに入って『歩き方』を読んで見つけたときから、絶対に来るのだと決めてたの(怒)




目的の“バターボール”を見たのでもうお腹一杯、ダレが何と言おうと、もう食べられない

後は海で泳いだり、子供と遊んだりとダラダラしていただけなのである

懐いてきた女の子、可愛いでしょこの子

          
  


          
  



 

最後に夕陽だけ見ようと岩山に上ったのだが、思っていたような夕陽には出会えなかった(残念)







このら辺から、俺のビザの期限の関係で急ぎ足になってしまうのである。

マハーバリプラムには2泊だけして、次の町“マドゥライ”へと駆け足で向ったのでありました。

スポンサーサイト

category: 俺@India

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://fukurou69.blog.fc2.com/tb.php/32-bffea23f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

カテゴリ

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。