拓二どこにいるの?

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

インド…再び 

ロンドンからイスタンブールに入り、前回お世話になった宿で再びやっかいになる事に

管理人さんも覚えていてくれて、なんだか懐かしい感じがした『ツリー・オブ・ライフ』

前回泊まった時には、20のベットに対して、なんと!!25人もの宿泊者がいたのだ(笑)

完全に積載オーバー? キャパオーバー? イヤイヤ定員オーバーでしょう

今回は7人くらいだったのだが、これまた変な奴らばかりで…なんでこの宿はこんな奴らばかりなのだろう

マジで最高だった♪ 皆さんもイスタンブールに行ったときには、行くべきだと私は思います(笑)

こうして4日ほどイスタンブールでのんびりダラダラと過ごしたのであった。。。

しかぁ~し 来たる1月30日、俺は再び、あの、イ・ン・ドに戻ってきたのである…頑張ろう

悪名高きデリーの“インディラー・ガーンディー国際空港”に到着したのだが、

…あれ? 良いの? もっと来いよインド人 どうした? 

仮にもお前らはあの悪名高き“インディラー・ガーンディー国際空港”の玄関口のインド人だろ??

初めてインドに来た人から膨大な金額を“ボッタクル”という特殊な訓練を受けた人間だろ??

それなのに、何の問題もなく市内に移動、特に何の問題も無くデリーで4日ほど過ごしたのであった。

という事で、結果的には騙すヤツもいるけどそんな奴らばかりではないという答えが出ました。

変に気合を入れ身構えていただけあって、自分が恥ずかしいような、こころ寂しいような(悲)

まぁ何も無い事に越した事はないんだがね。

そしてネパールから来る友達との待ち合わせのためにバラナシへ移動。




バラナシでは、友達が無事到着?とは言い難いのだが、まぁ何とか合流する事が出来た。

前回来た時も見たのだが、俺は毎晩ガートで行われるプージャを気に入っているので、今回も向った。








 
 

ガンガーから船で眺めることも出来る




よく通っていたレストランの子供




毎晩プージャが行われるガート(階段)昼間歩いてみると夜とは全く違った雰囲気なのである




ガンジス河では、朝は沐浴、夜はプージャで人が常に溢れているのだが、じゃあ昼間はどうなの?

教えてあげよう♪ 昼間はガンジス河は洗濯場になるのである




ガートでは、朝は沐浴に来た人、夜はプージャを見に来る人で溢れている、じゃあ昼間はどうなってるの??

教えてあげよう♪ 昼間は洗濯物で溢れているのである







そんな洗濯物を避けながら、下流の方に歩いて行くと見えてくるのが“マニカルニカーガート”

火葬場のあるガートで、24時間火葬の煙が消える事は無いらしい。




火葬のための薪が山積みにされている。




毎日ガートをウロウロしたりして、そして飽きてきたらチャイ屋に出かけていた




店のヤツとも仲良くなり、そりゃ3回もバラナシに着てたら仲良くもなるわな(笑)




10日ほど滞在してインドの東海岸“プリー”へと向った。。。

この写真は何にも意味が無いよ、載せただけ(笑)




スポンサーサイト

category: 俺@India

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://fukurou69.blog.fc2.com/tb.php/34-10806bbb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

カテゴリ

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。