拓二どこにいるの?

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

アブ・シンベル大神殿 

ルクソールから電車で3時間ほどでアスワンに到着

夜の9時ごろに到着したのだが、目的の“アブ・シンベル大神殿”へのツアーが夜中の3時発!!

2時間ほど眠っての過酷な出発となった(涙) 

まぁバスの中で寝れば良いと思っていたのだが、なんとこんな時に限って…補助席(涙)

そんな席でグッスリと眠れる訳もなく、寝不足のままアブ・シンベルへ到着したのであった

ツアーととは名ばかりで、別にガイドが付く訳ではなく、各所に連れて行ってくれるだけのものだ、

コレが果たしてツアーと言えるのかどうかの疑問は残るのだが、そんな事は置いといて

俺は写真でしか見た事がなかったのだが、この神殿が一番見たかったのである

エジプトには多くの神殿が残っているのだが、なぜかこの神殿が一番気に入ってしまったのだよ





正面には20Mのラメセス2世の像が並んでいる







足元には鳥の像も





ドアを開ける鍵のデザインも良い





神殿内の壁画もすごくキレイに残っていたのだが、写真撮影を禁止されていたので撮れなかった(悔)

外観しか撮れないので少し変化を付けて“ゆで卵&アブ・シンベル”でもどうぞ




・・・・・


隣にはアブ・シンベル小神殿、これはラメセス2世が王妃ネフェルトアリのために建造したものらしい

大神殿と比べると小さい





この2つの神殿はアスワンハイダムを建設時に水没してしまう運命にあったのだが

ユネスコが国際キャンペーンにより救済したらしい。

1964~1968年にかけて工事が行われて、2つの神殿をブロックに切断して

もとの位置よりも60M上に移動することに成功したらしい…スッゲ~!!!!

よく見ると切断された後が見えるのだが、キレイに補修されている。





ここも写真撮影禁止なので入り口のオッチャンでもどうぞ





一応ツアーなので集合時間が決められている、バスに乗り次に向ったのが、その“アスワンハイダム”

なのだが、別に見たくない人は入らなくても良いと言うので、俺はバスを降りて待つ事にした。

だってダムだよ? そんなもの見てどうすんのよ?

世界一でかいダムだとか、

すごいカラフルなダムだとか

遺跡でできているダムだとか

水を塞き止めないダムだとか

そんなのだったら見に行くけど、別にダムでしょ??

行かない行かない、高い金払って見るモンでもないでしょうが、

見たけりゃ日本で黒部ダムを見るよという事で待機。





帰って来たバスに乗り、お次はドラクエでお馴染みの“イシス神殿”である

こちらもアスワンハイダムの影響で水没しそうだったのだが、免れるために隣の島に移されたらしい

バスが船着場に到着、ここからは船に乗っての移動となる





10分ほどで到着。

見えてくるのが、かなり大きなイシス神殿塔門








門の前の広場には列柱が並んでいる








入り口の上の彫刻もキレイに残っている





今度は内部も写真撮影可だった、内部にはキレイに施されたレリーフが壁一面を覆っていた。








奥の一室で瞑想する欧米人…「す、スゲェ気だ、オメェ 強ぇだろ」ゴ○ウなら間違いなくこう言ったはず





なんかわからんのだが、ハトホル神殿





ナンカわからんハトホル神殿の横にある、更にわからんトラヤヌス帝のキオスク





キオスクとはいっても、もちろん駅構内のものとは関係ないでしょうね

夕刊○ジもスポ○チのレリーフもなかった品…なかったしな。











イシス神殿の正面に描かれている巨大なレリーフ











神殿のスケールはでかかったのだが、島自体がそれほど大きくないので1時間ほどあれば

全て見て回れた、夜には音と光のショーがおこなわれる、ライトアップされたのを見たいのだが

そんな金がある訳ないので諦めましょう・・・



これにてアスワンのツアー終了、本当は最後に“切りかけのオベリクス”が残っていたのだが

みんなに行きたいかとバスの運転手が訪ねたところ、満場一致でパスとなったのであった(笑)

だってオベリクスは散々見てきたし、それが切りかけってだけでしょ??

いっかねぇ~よ んなもん♪

宿に戻り、夜の電車でルクソールへと戻ったのであった…タイトスケジュールだ、芸能人か俺は??


スポンサーサイト

category: 俺@Egypt

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://fukurou69.blog.fc2.com/tb.php/39-fd7710ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

カテゴリ

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。