拓二どこにいるの?

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

続・旅の終わり 

引き続きまして(笑)

上を向いて生きているのが好きなだけ、別に上空に行きたい訳じゃないのだが(汗)

大嫌いな飛行機に乗って9月30日、バンコクからインドのコルカタへ、

タイ・ミャンマー・インドと、陸ではつながっているのに、ミャンマーを通り抜けられない

国境が邪魔をしているだけじゃなくて、国がつながっていないのだ

地図上で見た目がつながっていても“見えないところ”がつながっていないのだ

ミャンマーに行ったことがないのだが少し残念に見えてしまった。

そしてインドからすぐに北上してネパールへ


★ネパール★ 雪化粧のヒマラヤ山脈、心地よい風、澄んだ空気、
                       小さな星まで見える夜空が印象に残った

       そんな中で俺は自然に囲まれて生きることが好きだと気づいた 
               
(カトマンドゥの空)




(ポカラ・フェワ湖の夕日)

      


★ブルガリア★ 今までの国より栄えているのに先進国ではなかった、途上国、先進国って何なのだ??
        
        
(ソフィアの空)




★ギリシャ★ 初めての先進国、見た目ではブルガリアとの違いが感じれなかった。
                               “見えないところ”が違うのだろう
       

(テッサロニキの空)




★マケドニア★ 場所さえ知らない国が世界中にあり、 
           俺が生きていた世界の狭さにあらためて気がついた。
        
(オフリドの空)




★トルコ★ アジアとヨーロッパの架け橋となる国で
             両方の文化が入り混じっていて多くの旅人が基点としていた

      そこで出会った旅人たち、彼らとの出会いが俺の旅に大きく影響していった
              もっと先へ、もっと遠くへ、そんな思いが日に日に大きくなっていった
      
(イスタンブール・アジアサイドからの夕日)



(カッパドキアの朝空)



(カッパドキア・ギョレメ地区の空)


 
(カッパドキア・ホテルからみた空)



(カッパドキア・バス停での空)

      
      
(カッパドキア・ローズバレーの夕日)



こうしていろんな国を渡り歩いていると、どこの国でも仲良くなる現地の人たちはいる、

そんな中、長期で滞在する事が多いのはやっぱり途上国で、

すると特に仲良くなるのも途上国の人たちが多い、

先進国の人たちが冷たくて友好的ではないという訳ではないよ(笑)

彼らは日本という国からやってきた俺を、彼らなりに楽しませようと

冗談を言ってくれたり、

言葉を教えてくれたり

ご飯を食べさせてくれたり、

ただブラブラ一緒に歩いたり、

家に招待してくれたり、

温泉に連れて行ってくれたり、

電車のチケットを汗まみれになり買ってくれたり

貧しいが自分たちの金でサトウキビを買ってくれたり、

俺の家族の分と言ってお土産をくれたり

些細なことかもしれない、小さなことかもしれないのだが

してくれたことの大きさではなくて、してくれたという気持ちが嬉しかったから

俺の心には、彼らを忘れる事が出来なくなるくらい大きくなって残っていった。

もらった想い出よりも、もっと大きなものを残してあげたいと思い日本に誘うと

ノリノリで「行く行く」と言ってくれる人もいるのだが

興味あるけど日本に来るのが怖い、と言っている人たちも中にはいた

俺の英語力が乏しいので、深く聞くことができなかったのだが

何でなんだろう?ってスゲェー考えたら

日本は物価が高い国なので、金の問題もあるのだろうけど、おそらくそれだけではないだろう

日本に住んでいる俺は、ネットやテレビでいろんな事を知っているし、知る事ができる

ビザの情報、治安、物価、移動手段、気候、宿泊施設など必要なことなどは事前に調べられる

でもそんな環境が無い人たちは? 日本という国は全く未知の国なのではないだろうか??

そんな未知の国に誘われたからって、友達(俺)が居るからといって来れるだろうか?

あらかじめ下調べをしてから旅に出た俺でも不安を感じていた、

でも、何も調べられない状況で生活している人たちは?

俺が感じたのとは比べ物にならないくらい不安で、怖いのではないのだろうか?って思った。

もっと先の将来に先進国、途上国なんてなくなってしまえば、

もっと簡単に国と国との往来が出来るようになってしまえば

そうすればもっと違う国で出会った友達に会うことが出来るんじゃないの?

こんな風に俺が思っていることっていうのは

簡単なことのような気がするのだが、“見えないところ”で、すごく難しいことなんだろうな…。

じゃあ異国にいる友達に会うにはどうすればいい?

答え・俺が行けばいいだけの話


そして続く…
スポンサーサイト

category: 俺@Japan

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://fukurou69.blog.fc2.com/tb.php/4-ab25787f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

カテゴリ

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。