拓二どこにいるの?

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

御来光~ 

ダハブ・年越し・初日の出

ハイ、という訳でダハブからのツアーでモーセが十戒を授かったという“シナイ山”へと行きました

出発したのが夜の22時半なのシナイ山へ向うバスの中で滞りなく新年を迎えました…アッサリしたもんだ(笑)

シナイ山へはガイドを雇わなければ登れないので、1人雇って荒れた岩道を登っていく。

暗がりの中に転がるラクダの糞を暗がり過ぎて避けきれない、

いったい俺の靴底がいくつのラクダ糞を乗り越えただろうか(涙)

山道はラクダに乗って登る事も出来る、暗がりの中で岩がゴロゴロしていると思っていたら

岩ではなくて…ラクダのコブ(笑)

険しい山道を何度か休憩を入れながら登ること2時間ほど、やっと頂上に辿り着く事が出来た。

時刻は4時ごろだった、日の出まではまだまだ時間がある、しかし…クソ寒い(凍)

このままでは日が昇るまでに俺の命が天に昇ってしまう、山頂にあるコーヒーショップで一休み




寒いのだが外に出て同じ滋賀県出身のK君と男2人寝そべって星空を見上げてみる、

空気が澄んでいるのか普段は見えないような小さな星までがハッキリ見る事が出来た。

そうこうしている内に空が明るくなってきた。










シナイ山は標高2285Mの山、俺は初めて雲海を見たのだが…感動した。














特にコメントも無いので写真を撮ったその当時は初日の出だった御来光を御覧ください。






















ちなみに一緒に山に登った人が、頂上でコーヒーショップを開いたが…失敗

途中で見つかって現地の人達にこってり絞られる事になったのだが

でも彼のチャレンジ精神に拍手を送りたいと思います。





太陽が昇るに連れて染まっていく雲海














日が昇りきると雲海は薄くなり消えていった・・・










昇る時は暗くて足元が悪いなと思ったくらいなのだが

明るくなってから改めて通ってみると…むっちゃ危ないやん!!

よく無事に昇れたもんだよ、考えただけでゾッとするくらいだ(マジで凄い道だったんです)








シナイ山での初日の出は、俺の人生の中で“今のところ”最高の御来光となったのであった

今年一年が俺にとってカナリ良い年で、皆さんにとって多少の良い年でありますようにと願いました。


スポンサーサイト

category: 俺@Egypt

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://fukurou69.blog.fc2.com/tb.php/45-e59fd115
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

カテゴリ

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。