FC2ブログ

拓二どこにいるの?

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

このままではマズイ!! 

ダメだ!! このままでは駄目だ!! 埋没だ!! 沈没だ!! 外へ、外へ出なければ・・・

居心地が良すぎる、マンガが置いてあるという環境で、いろんな国を旅してきたパッカーがいる、




起きたら共有スペースから、ジャンベやパチカの音が聞こえてくる事も!

それにあわせてベリーダンスを踊っている女の子が居たりなんかして




アホな奴等とのアホな、エロいやつらとのエロい、どうしようもないヤツとのどうしようもない

旅の情報を集めるよりも、話のネタを集める事の方が多い(笑)余談が、会話が、こいつ等…オモロスギル

このまま何にもせずに、毎日毎日、ダラダラ、ウダウダそんな感じで生活できたら・・・・・・・・・・

イカァァァァ~アァァァァ~ン!! 


立ち止まるな俺! 荒野を駆けろ俺! 7つの海を越えていけ俺! 友の屍の上を行くんだ俺!

そういった訳でヨーロッパサイドから船に乗り込みボスポラス海峡を横断、アジアサイドへと足を運んだ
↓↓↓







アジアサイドはヨーロッパサイドよりも少し落ち着いた感じがあった

船着場近くにモスクがあったので行ってみる事に。












人通りもヨーロッパサイドの方が多く賑わっていた








ちょうど日が沈む時間帯だったので夕陽を見に海へ向った








正確に言うと向った先に、たまたま海があったのだ(笑)


御覧なさいヨーロッパサイドに沈んでいく夕陽がキレイに見えるではないか




多くの男女が沈んでいく夕陽を眺めていた




その後ろではヒマワリの種を食い散らかしているオッサンたちがいた、

足元にはこんもりと食べカスが広がっていた(悲)




あのまま宿で沈没していたらこんなキレイな夕陽は見れなかっただろう…危ないトコだったゼ

アジアサイドを大満喫して船着場に戻りヨーロッパサイドへ
















ホテルに帰ったら夕食の時間だった。

外で食べると高いので毎日みんなでシェアーして晩ご飯を作って食べていた。

ほぼ毎日近くのマーケットへ買出しに。




宿にはたくさんの日本人がいたのだがにもかかわらず、

この日の買い物に出かけたのは偶然にもメガネをかけた3人組だった、こういう偶然って結構好きかも(笑)




ご存知の通り俺は全く料理がデキナイ…それでも俺なりに頑張ってお手伝い




でも手伝っているのは最初だけ♪ 結局はハメを外してお手伝いどころではないのである(笑)

だってコイツらに任せていれば美味い飯にありつけるのだ♪ 俺が出る幕なんて洗い物の場面で十分(涙)




美味い飯にありついたら、後は酒を飲んで、音楽を聴いて、バカ話して




テンションが上がってきたら・・・こうなる(笑)




毎日がこんな事の繰り返し、宿の管理人に怒られた事なんて数え切れないくらいだった…管理人さんゴメンよ

でも仕方がない、俺の知らなかった気の合う仲間が日本中にいて、

そんなやつ等と俺が別々の国を旅してきて

同じタイミングでトルコに入ってしまい

イスタンブールの『ツリー・オブ・ライフ』で偶然にも集合してしまい

そこに酒があって、音楽があって、バカな話があって、共感できる考えがあって、興味がある話があって

そんなやつ等と酒を飲んで話していたら、毎日がドンちゃん騒ぎになるのは必然的なのである(笑)



長崎が生み出した刺客、彼は長崎訛りの旅人や、マニアックな国やストリップが大好きな女の子
↓↓↓



同じ滋賀県からやって来たサッカーマニア(ドーハの悲劇のアルアハリスタジアムで1人で悲劇を再現していた)
↓↓↓



魔法使いみたいな服装でフルートを吹く19歳
↓↓↓



左・プチ生意気なエロガキ(笑)右・頭の中がエロと笑いの宝庫な男(笑)

コイツらは2人とも好き勝手話すので腹話術にもならねぇ~でやんの…でもオモロイ
↓↓↓



ひたすらベリーダンスに通う女の子に、やたら声がデカイエロ男
↓↓↓



バカだけど、アホだけど、エロだけど、人間的にスゴイ魅力を持った奴等と出会えた

全員なんて載せきれないのだが、俺はそんな最高な仲間と出会うことが出来た…母ちゃん俺、幸せだよ(涙)

お互い次の目的地は違えど、またどこかの大陸、どこかの国、それとも日本で、また逢おうな♪

髭メガネ、こんな顔を載せてしまってスマン(←個人的なメッセージですので気になさらずに)




もっと話したい、もっと酒を飲みたい、もっと自分の事を伝えたい、もっと相手の事が知りたい、

もっと、もっと…キリがない、いっそみんなで移動していきたいくらいだが、そんな事は無理だ

出発するのはイヤだったのだが、俺は向う方向が同じである何人かと一緒にイスタンブールを出発した・・・

                   じゃあな、お前達





                                 立ち止まる訳にはいかんのですよ




スポンサーサイト

category: 俺@Turkey

コメント

本っ当に世界中で迷惑なのな、あんたらみたいな世の中の役にも立たないガキ連中。

URL | カルロス #-

2013/08/06 19:43 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://fukurou69.blog.fc2.com/tb.php/59-a1218a79
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

カテゴリ

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。