FC2ブログ

拓二どこにいるの?

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

イスタンブールでの毎日 

無事にイスタンブールへと戻ってきた、前回はすぐにブルガリアへ行ってしまったので、

全く観光をしていない、今回は観光する事にしよう、そうしよう。

とりあえず言える事は、町には猫が多い、そして俺は猫アレルギー(弱)
↓↓↓

   


そんな俺の天敵である猫を避けながら港の方へ、イスタンブールはヨーロッパ側とアジア側とあり

ボスポラス海峡がその間を流れている。海峡に架かる橋では平日の昼真っから釣りを楽しむ人が

仕事もせずにここにいてる俺が言うのは何だが…働けよお前ら(笑)
↓↓↓



俺がいるこの時期からだんだん寒くなっていく、でも町の空気も澄んでいて雨の日以外の空はキレイだった
↓↓↓



町並みはかなり都会的、トラム(路面電車)が町中を走ったりして人々の足となっていた。
↓↓↓



でもちょっと裏道を入っていけばこういった家並みに遭遇できる
↓↓↓



元大工なので近代的な家よりも、こういった味のある古い木造の家のほうが俺は好き♪

どこに行っても必ず家や建物をチェックしてしまうのである。
↓↓↓



イスタンブールと言えば『サバサンド』パンに鯖を挟むという、実に大胆なセンス、俺の友達の家のパン屋で

パンにタクアンを挟んで『サラダパン』と言うパンで有名なパン屋があるのだが、このサラダパン…美味い

しかぁ~し、このサバサンドも、意外な味に戸惑うのだが、これもまた美味いのよ♪

かじっちゃったけどこれがサバサンドの全貌です。これにレモン汁をかけて食う。
↓↓↓



ここは『イスタンブール大学』宿の子達が学生証を持っているので、俺も一緒に学食なるものを食べに行く。

町中で飯を安く食っても2リラのケバブだが、学食は0.75で定食が食える! これはお得だ♪

しかし俺は大学になんて行っていないので、大学のキャンパスなんて縁もゆかりも御座いません。

学食なんて見たことも食べた事もモチロンない(給食はある)期待に胸を膨らませて、いざ中へ♪
↓↓↓



当然の事ながら辺りは大学生ばっかり、悲しいかな、どうしてもミス・イスタンブール大学を探してしまう

…見当らない(涙)
↓↓↓



初の学食がこれだ♪ 味はマズイぞ♪ ドンマイ俺♪ 頑張れコック♪ 大きくなれよ学生達♪
↓↓↓



こっちは中東最大の『グランドバザール』の入り口
↓↓↓



中はかなり広く、歩いていると方向がわからなくなってくる。

店の数は4400軒とも言われているのだが、売っている物はライダースにブーツに古着と何でもある

欲しい物が多すぎて、長くココにいたら確実にショッピング(ショッピングって書いてもた)してしまう

そんな恐ろしい場所なのである。来なければ良いのに(涙)ついつい足を運んでしまい…後悔
↓↓↓



小物入れ
↓↓↓



食料品なども売っていた。
↓↓↓



続きましては、泊まっている宿からすぐの距離にあるのに、出不精でなかなか行けなかった

『スルタンアフメット・ジャーミィ』別名・ブルーモスクと呼ばれるらしいのだが、

ご覧の通り「どこがブルーやネン!?」と突っ込まざるを得ないのは言うまでもないだろう。
↓↓↓



裏の方に回っていくと「なるほど! 空が青いことからブルーモスクか♪」って納得できるか(怒)
↓↓↓



ここにもいた、天敵猫!!!
↓↓↓






中には無料で入れる♪ 無料大好き♪♪
↓↓↓



夜にはライトアップされるのだが、このライトがブルーでなくて本当に良かった。
↓↓↓



これは『ロカンタ』大衆食堂だ、店のおっさんは陽気に流暢な日本語で話してきて、かなりフレンドリーだ

おっさんは女の子にだけサービスをする、俺もしてくれと言ったが一度もしてくれなかった(悲)
↓↓↓



料理はどれも美味かった。
↓↓↓



ある日、宿のメンバー15人くらいで押しかけてやった♪
↓↓



気の合う仲間とのワイワイ話しながらの食事は本当に楽しかった。
↓↓↓



スポンサーサイト

category: 俺@Turkey

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://fukurou69.blog.fc2.com/tb.php/60-ef9f2c92
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

カテゴリ

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。