FC2ブログ

拓二どこにいるの?

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

ポカラの朝陽&夕陽 

★フェワ湖★

我が故郷である滋賀県にも日本一大きい琵琶湖という物がある、いろんな人に滋賀出身と言っても

イマイチ伝わらないのだが、琵琶湖と言えばわかってもらえる人も少なくはない、

以前に話した女の子に、滋賀県と言ってもわかってもらえなかったが

琵琶湖のあるところと言うと「あ~あの地図で真ん中に穴が開いているところかぁ~」と言われた(涙)

まぁ滋賀県の面積の6分の1が湖なので地図上で見たら穴と言われれば穴なのだが…

県名よりも有名な琵琶湖、果たしてそれが良いのか悪いのかはよくわからないのだが

しかしこの琵琶湖、わざわざご丁寧に滋賀県の真ん中にドカ~ンとあるので、

向こう側に行きたくてもグルっと大回りして行かねばならないという邪魔臭さ(怒)

何とか真ん中に橋を造ってくれないかね? 現市長さんよぉ

そうすれば交通の便も良くなるし、“日本一の湖”に架かった“日本一の湖に架かった橋”という

素晴らしい肩書も手に入り、更にガソリンが高騰してバカにならないこのご時世(涙)

燃料代だって節約できるのではないだろうか? もし俺が市長になったあかつきには、

“琵琶湖に夢の架け橋を”をスローガンに“もう地図上の穴”と誰にも言わせないような

そんな、そんな素晴らしい街づくりを皆様としていきたいと思います、

どうか、どうか私に皆様の清き一票を…書いていてアホらしくなって来た(涙)

↑↑そんなことはどうでもいいのだが、とにかくポカラにはフェワ湖がある、

おっ!!そういえばビワ湖と名前も似ている←そんなことも本当にどうでもいいのだが、

町からはフェワ湖の北にあるサランコット山からパラグライディングしている風景をよく見かけた
↓↓↓



よくもまぁそんな恐ろしい事が出来るものだ、俺から言わせてもらえれば“安全な飛び降り自殺未遂”だな

俺は別に下からの景色で↓↓↓十分満足なので、まぁこの先の人生で飛ぶ事はないだろう。
↓↓↓



俺が空は諦めて陸海と攻めるとしましょうかねぇ。

せっかくフェワ湖があるのだからボートに乗って夕陽がみたい♪ とここに来た人なら大抵の人が思うだろう

モチロン俺もその1人、琵琶湖ではそんな事は全く考えないのだが…不思議だ

コルカタで出会ったT君とYちゃんとも偶然にも再会を果たしたので総勢7人で早速トライ
↓↓↓



夕方待ち合わせをしてボート乗り場へ。

ボートは船頭を雇ったら7人で乗れるのだが、ちょっと割高になってしまう

自分で漕げば安いのだが5人しか乗れない、7人乗るならボートを2隻借りなければ駄目だと言われる、

せっかく7人でいるのに別々なら意味がない、という事で日本人2人がネゴシエーターへと変身(俺とT君)

交渉人でもなんでもなく、ただひたすらゴネるだけのネゴシエーターだけどね(笑)
↓↓↓



船頭付きは10人以上も乗っているではないか←あげ足取り

太っている人が5人乗るより細い俺らが7人乗ったほうが軽いだとか←屁理屈

俺はボート漕ぎの“プロフェッショナル”と、全く訳のわからないことを言ったり←嘘八百

あ~だのこ~だのゴチャゴチャ・・・・・・15分経過・・・・・・俺らは7人でボートに乗っていた♪
↓↓↓



そして自称“プロフェッショナル”の俺は…懸命に漕いでいた。
↓↓↓



ちょっと曇っていたのが残念だった
↓↓↓



それでも夕陽に染まる雲はなかなかのものだった
↓↓↓



琵琶湖でボートに乗って夕陽を見たいと思ったことが果たしてあったか??
↓↓↓



夕陽は若干の曇りで残念だったのだが、それなら今度は朝陽が見たいという事になった

…お!! ボート発見…しつこい?
↓↓↓



早朝5時に起きてRちゃんYちゃんの3人で暗い中ボートを湖に浮かべた
↓↓↓



湖の上はかなり寒いのだが、なんとか朝陽を見ようと寒さと戦っていると
↓↓↓



だんだんと空が明るくなってくる。これは期待できるのでは!!
↓↓↓



と思ったのだが、思いっきり木が邪魔で、しかも薄雲がかかっちまって、俺の望んだ朝陽は見れませんでした

チクショ~ウ(死語?)せっかく早起きしたのに又しても雲のヤツめ(怒)と大自然に怒りをぶつける俺

もういい、フェワ湖は諦めて琵琶湖で朝陽を見ることにしました…そんなものいつでも見れるのに(涙)
↓↓↓



このブログを更新している11月15日現在、俺は今バーレーンの空港にいます。

トルコに行く為の経由地なのですが…外へ出させてもらえません(涙)

この空港内に7時間の待機という非常に過酷な試練が待っていたのでした

幸いにもネットが飛んでいたのでここでブログを更新しているのです。

直ぐ目の前にはバーレーンの景色が広がるのに…。

うぅ暇だ、寒い、日本人が1人も居ない、というかツーリストって…俺だけなのか??

スポンサーサイト

category: 俺@Nepal

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://fukurou69.blog.fc2.com/tb.php/68-d8098b7a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

カテゴリ

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。