拓二どこにいるの?

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

ポカラ到着 

当初の目的であったイスタンブール行きのチケットも無事にゲットすることができた♪

【食事・買い物・ホテル探し・バスで移動・現地人とのアホな会話】これらは何となくだがこなせる

しかぁ~し、飛行機のチケットとなるとそんな簡単ではなかった! いや~大変だったなぁ♪

書かなくてもわかるだろうけど、も・ち・ろ・ん 自分ではやっていない、

俺がそんな高度な英語を話せるわけが無いのは皆さんももうご存知でしょう♪

『いや~大変だったなぁ』とは俺のセリフではなくて、それを言っていいのは

英語がペラペラ話せてしまうが為に、英語がシドロモドロの俺につかまってしまった、

バラナシから一緒のバスだった京都の女の子Rちゃんとその友達の大阪出身の女の子Yちゃんである(笑)

「お二人さん、本当にお世話になりました」

その2人と一緒にA君とH君が先に向かったポカラへと移動、考えてみたらA君とはタイの空港で出会って

そこからコルカタ→ブッタガヤー→バラナシ→カトマンドゥ→ポカラと一緒に行動しているのだが

ちょっと待て! 全て俺が後から追っかけているではないか! これってひょっとして…好きなのか!?

とまぁバカな事はここまでにして、早朝6時に起き、細い目を細めて太陽(バス停)に向かい歩く
↓↓↓



朝陽に照らされた町はまるでロンドンの夜明けのようだ…見た事ないけど
↓↓↓



朝陽はキレイなのだが眠たいので感動するテンションでもない…うぅ~寝起きなのに眩しい
↓↓↓



そしてバスに乗りポカラへと出発。途中で朝食と昼食休憩をとった後、山道をグングンとバスは越えていく

…のだが移動してる間をほとんどが寝ていたので途中の写真もないわけでありまして、

しかも俺的には何時間もかけて移動したのだが、皆さん的には2秒くらいかな?















はいっ ポカラ到着~♪ いや~早かったねぇ カトマンドゥ~ポカラ間
↓↓↓



先入りしたA君からのメールに書かれていたホテルへと移動「Aくぅ~ん、俺来たよ」

泊まっていたホテルは小さいのだが『日当たり良好、芝生の庭付き一戸建て』
↓↓↓



部屋の中も日が差し込みなかなか良い部屋だ。シングルで150ルピー(200円位)
↓↓↓



おっと忘れていた『日当たり良好、芝生の庭付き一戸建て』+コブ付き♪
↓↓↓



そしてなんと極めつけは!! 屋上から見えるヒマラヤ山脈の方々。

これは早朝の写真なので、ほんのり朝陽に染まっているのだがわかるだろうか??
↓↓↓



こちらは標高6993mのマチャプチャレ姉さん、富士山よりもデカイのである!!!

この違いは、猫ひ○しとアッコ姉さんくらいの差がある。
↓↓↓



町を歩けばどこからでもヒマラヤ山脈の方々を見ることが出来る。
↓↓↓



今の時期は空気が澄んでいて山脈の方々がキレイに見えるのだが、たまに雲に隠れてしまう時も。

それはそれで良し、雲が夕陽に染まってこれまたキレイな色になっていく。
↓↓↓



これは夕陽に染まっているマチャプチャレ姉さん、まるで酔っ払ってるようなのだが

もしこれがアッコ姉さんだったら…

写真ではなかなか伝えられないのだが、実際に見たらかなりキレイなのよ!!
↓↓↓



町はというと、湖沿いにメインの道が走っていて、その両脇に土産物屋やレストランが並んでいる

ネット屋もたくさんあるし、両替所もたくさんある、しかもレートはどの店も同じ
↓↓↓



売っている物はと言うと、まぁほとんどがカトマンドゥと同じ様な感じだ
↓↓↓






売り物ではないがキレイだったのでどうぞ
↓↓↓



そもそも俺はトルコ行きのチケットを取るためだけに入国したので15日間のビザしか取っていなかった。

しかしあんまりにも過ごしやすく、気に入ってしまい10月29日ビザのギリギリまで悩んだ挙句

ポカラ「おきゃくさ~ん 時間ですけどどうします?」

俺  「どうしよう(悩)」

ポカラ「15日間延長だと30㌦になりますけど」

俺  「30㌦! たっ 高いよ(悩)」

ポカラ「延長なさいますか?」

俺  「うぅぅぅぅぅぅ 延長だぁぁぁ」

ポカラ「毎度ありがとうございまぁ~す」

とまぁそんな感じで、まるで初めて行ったキャバクラで気に入った子が出来てしまい

その子と一緒にいるために延長した客の気持ちだった…男性諸君、わかるかなこの気持ち??

俺的には延長してまで滞在するだけの価値がここにはあったのだよ。
↓↓↓ 



人通りも少ないキレイな町、雪化粧のヒマラヤ山脈の方々、静かにボートが浮かぶフェワ湖、

朝陽や夕陽に染まる雲や山、停電時に広がる満天の星、青空に広がる雲、町ですれ違うキレイなネェ…

それだけで十分な価値があると思う。
↓↓↓



毎日空を見上げると青空に雲が広がっていたのでした。
↓↓↓



延長したおかげで町の祭りを見ることが出来た…のだが何の祭りなのかイマイチ良くわからない(涙)
↓↓↓



夜になると店やホテルの前にはロウソクが置かていた
↓↓↓



道路には色粉で絵が描かれていたのだが…ナンの絵??
↓↓↓



昼間には子供が6人くらいのグループを作り、レストランやホテルの前で歌を唄いお金を貰っていた

そのグループが何組もあり次々と来るので、さぞかし大人たちは痛い出費だろうに(涙)

ハロウィンはお菓子をくれなければ“イタズラ”するといったカワイイものなのだが

これは子供達がきて商売繁盛の歌を唄い“お金をくれなければ商売が上手く行かないぞ”

みたいな感じの脅迫まがいの事をやっている、しかもお金を貰うまで唄い続けるというしつこさ!!

という説明をホテルの人がしてくれたのだが英語なのでよくわからなかった…スイマセン(涙)

他にも、町中のいたる所でスピーカーで音楽をガンガン鳴らして子供達が踊っていた。
↓↓↓



何日かかけて祭りは行われたのだが、牛に花輪をつけたりする日、犬に化粧をしたりする日があった。

ちなみにこの子は浮かれてケーキに顔を突っ込んだわけではなく、祭りだから化粧をしているのである。
↓↓↓



祭りの内容は最後まで全く意味がわからなかったし、地元の人が異様に盛り上がって入るのだが、

これといって特に観光客が楽しめるものではなかったような気がしたのであった。

祭りが楽しめなくても俺には十分楽しめる景色があるのだ♪
↓↓↓



スポンサーサイト

category: 俺@Nepal

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://fukurou69.blog.fc2.com/tb.php/69-d4772ba2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

カテゴリ

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。