FC2ブログ

拓二どこにいるの?

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

ボダナート・・・俺は罰当たり者?? 

続きましての観光は、カトマンドゥの中心より東へ約6kmをA君とH君の3人でバスで移動。

30分ほど走ったらボダナートへ到着。

入り口にチケット売り場があるのでそこでチケットを買っ…A君チケットは!?

何とA君は“突破”という荒技に出たのであった。

スゲー、スゲーッすよ、マジで感動しましたその度胸、惚れ惚れするような見事な“突破”ぶり

それに釣られてH君も“突破”を試みたのだが…撃沈(未熟者)

俺は完全に警備員にマークされて“突破”を試す事も出来なかった(未熟者以下)

こうしてA君以外は渋々とお金を払うハメになった、

しかしこの場所は上手いこと団体にまぎれたり警備の目を盗んで入ることが…

おっとアッブネェ~!無料で入れると書いてしまうとこだった。

ゲートを越えると、はい♪ これがネパール最大のストゥーパです
↓↓↓



昔からチベット仏教の聖地としてチベット人が一生の内に1度は訪れたいと願う巡礼地であった為、

カトマンドゥ盆地の中でもチベット人の多い地域だったのが

中国によるチベットとの強制合併後に亡命してきたチベット人が大量に住み着いているらしい

見かける人もチベット人が多かった。
↓↓↓



観光の目的である仏塔は紀元前500年に建てられたと言われており、

直径27mで、仏舎利形式では世界最大の大きさとなる

真っ白で巨大なストゥーパをジッと見ていると…ハッ!! またいらん事に気が付いてしまった(汗)

チベット仏教の聖地なのに、俺は何て失礼なヤツなんだ(涙)そんな事を書いてしまうのか俺?

いいのか書いても? でも指が勝手に、あぁもう止まらない…巨大雪見大福みたいだ♪
↓↓↓



そんな巨大雪見大福(仏塔)を囲む壁の様に建っている建物にはチベット寺院の他に

チベット人経営の土産物屋や仏具屋、外国人向けのカフェなどが並んでいる
↓↓↓



もうこの際だから書いてしまうのだが…何だかテーマパークみたい(失礼)
↓↓↓



周囲には寺院?がたくさんあり、その中には熱心に祈る僧侶たちの姿があった
↓↓↓



チベット仏教の聖地であるのになんてふざけた事を言うんだ俺は(汗)

仏像の前で心から反省

「ゴメンなさい、俺テーマパークだとか雪見大福だとか、とんがりコーンだとか
   巨大ロボで手足が出てくるとハズだとかetc etcといろいろと失礼な事を考えていました、 
         しかしもう2度とそんな事を考えたり言いません(反省)」
↓↓↓



こうしてゆき・・・きょだい・・・とんがり・・・白く美しいストゥーパーに見つめられて

テーマ・・・ボダナートの観光は終了して再びバスに乗ってタメル地区へ帰って来たのである。
↓↓↓



タメルには土産物屋やレストラン、ホテルやコンビニなどがたくさんあり、ほとんどの物が揃う。

これらが町で売っている土産物
↓↓↓



ピーターパンのような可愛い靴なのだがいつ履くのだろうか???

ちょっと待て!これを履いたら飛行機に乗らなくてもトルコへ行ける…わけがない事ぐらいわかっている
↓↓↓



又しても発見!! ハイレベルな服
↓↓↓



ネパール東部とチベットの国境付近にはあの世界最高峰のエベレストがあるのだ

町には「そこに山があったから」のフレーズを胸に秘めヒマラヤを目指す登山家達のために、

登山用品店がたくさんある。
↓↓↓



有名なブランドもあるのだが、安すぎるのでほとんどがニセモノであろう(涙)
↓↓↓



空がキレイで、宿の屋上で夕陽や雲を眺めるのが好きだった
↓↓↓



山間に沈んでいく夕陽を眺めているのだが、ライト兄弟に対する怒りがまた…。
↓↓↓



こうして5日ほど滞在して次の町ポカラへと向かうのであった。

しかし何でこんなに停電ばっかりおこるのであろうか…
↓↓↓



スポンサーサイト

category: 俺@Nepal

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://fukurou69.blog.fc2.com/tb.php/70-2584f51f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

カテゴリ

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。