拓二どこにいるの?

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

スワヤンブナート&パタン 

次に向かったのがタメルから歩いていけるヒマラヤ最古の寺院と言われているスワヤンブナート

30分ほど歩いていくと寺院の入り口に到着、ここから急な階段をひたすら上って行くのだが…キツイ(涙)
↓↓↓



そんなキツイ階段を一生懸命上ってきて、ストゥーパーを目前にしたところで料金所が登場!!

このシステム何とかならないのか?? ここまで上って、金が勿体無いから帰るなんて誰が言うんだよ(怒)

せっかくだから見ようとなるのが普通だ、それを計算して頂上に料金所を作ったに決まってるんだ(怒)

とブツブツ言いながら100ルピーを払って中に入ると、真っ白なストゥーパーが建っている
↓↓↓



かなりの階段を“一生懸命”上ってきたので、頂上からはカトマンドゥの町が見下ろせる

カトマンドゥは冬の朝によく霧に覆われるのだが、その時期ここ上ると、町はスッポリと霧の湖に覆われるのだ
↓↓↓



この寺院は俗に『モンキーテンプル』と呼ばれているくらいサルが多い。

しかもコイツらはブッダへのお供え物を食べて生活しているという罰当たり者だ!
↓↓↓



さらに何故か犬もたくさん居たのだが、コイツは遠慮して木をかじっていた…謙虚だ(笑)
↓↓↓



シンメトリーな犬!!
↓↓↓



ストゥーパーには“四方を見渡すブッダの智慧の目”が描かれている、

この目は常に変わることなく世界を照らしているのだが、休憩しているハトの群れは見えているのだろうか??
↓↓↓



青空の下で風になびくタルチョ(チベットの祈祷旗)
↓↓↓



スワヤンブナートは結構広くて、奥の方にも寺院やゴンパ(僧院)巡礼者の宿泊所などがあるのだが

…撮っていないので載せられない、ミニストゥーパーでカンベンしてくださいな(笑)
↓↓↓



周囲には20世紀後半に中国の武力侵入で故郷を追われたチベット人達が住み着くようになったので

チベット人の土産物屋、喫茶店などが建ち並んでいた。
↓↓↓



これは売っていた木彫りの…鬼??
↓↓↓



・・・・・・・・・・・・・・うわ!惜しい!!!

これは悔しい(涙)惜しいのだがすごい事に気がついてしまった!!

非常に惜しいのだがみんな気が付いたか?? 

気が付いた人は俺と一緒の感性の持ち主でしょう(それが良いか悪いかは別として)

それでは俺が気が付いた非常に惜しい事を気が付かない鈍感な人のために紹介しましょう♪

餌をあさるサル
↓↓↓



日向ぼっこの犬
↓↓↓



わかった?? まだわからないお前のために続けるぞ

休憩中のハト(鳥)
↓↓↓



土産物屋で見つけた鬼?
↓↓↓



全てつなげれば出てくる答えは1つしかネェ~だろうがよ
↓↓↓



えぇ~と何て言うのかなぁ…ゴメンなさい、とにかくゴメンなさい。キジではないのでゴメンなさい。

さてスワヤンブナートがキレイに?終わったところで次の観光地に向かいましょう♪

スワヤンブナートと同じ日にタメルからバスに乗って古都パタンへと向かった。

この場所はカトマンドゥ盆地にマッラの3王国があった時代に首都として栄え・・・・・あーだこーだ

3世紀にアシューカ王が建てたストゥーパーが残っていて・・・・・うんぬんかんぬん

↑↑↑などといろいろとあるのだが、俺はそんな事は全くわからない!!

知りたいヤツは自分で調べてくれればいいだけの話。

俺はタダ単に“町並みがキレイ”それだけの理由でここに来たのだ、文句あんのか(怒)
↓↓↓



しかも夕方の町並みが見たくてわざわざ遅くに来たのだ、文句あんのか(怒)
↓↓↓



入場料が必要らしいのだが、誰にも何も言われなかったのでそのまま入った、文句あんのか(怒)
↓↓↓



見てみろ夕陽に染まってキレイではないか、それだけでも十分にここに来た価値はある。
↓↓↓



ほらなっ
↓↓↓



建物全体がレンガ造りのため夕陽に染まって赤くなっていく、それだけでいいじゃないか。
↓↓↓



あの鐘を鳴らすのはアナァ~タでいいじゃないか。
↓↓↓



このシルエットだけでお腹一杯ではないか。(俺は一杯です)
↓↓↓



とまぁこんな感じで情報不足のスワヤンブナートとパタンの観光は終わりです。。。





↑↑↑
しつこい?(笑)


スポンサーサイト

category: 俺@Nepal

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://fukurou69.blog.fc2.com/tb.php/71-10b6f1fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

カテゴリ

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。