拓二どこにいるの?

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

ダーティなインドからクリーンなネパール・カトマンドゥへ 

バラナシに到着して、バンコクの空港からコルカタ・ブッタガヤと一緒だったA君と合流

さらにコルカタで知り合ったH君に偶然にも再会することができた。イヤイヤ世間は狭いですなぁ~

合流後そのまま一気にネパールへと移動する事にした。

だもんでバラナシのブログは後回し。だって3日ほどしかまだ滞在していないのよ♪

8時半バラナシ発のバスに乗りネパールの国境の町スノウリへと向かう。

予定では17時ごろにネパール側の町スノウリに到着するはずだったのだが到着したのが20時半…

特に道が混んでいた訳でもなく順調だったはず、何でそんな時間に到着なんだ??

そもそもバラナシ~スノウリ行きなんて週に3日はあり、毎度の事で大体の到着時間が分かってるのでは?

一体どういう計算で17時に着くはずの場所に20時半着という奇跡をおこせるのだ??(怒)

俺には仏教と同じくらい理解する事が不可能だ。

荷物を車に積み込む時にチップを要求してくるのも理解不能

乗客の数がシートより多いのも理解不能だ、理解できない事が多すぎ(怒)

理解できないままバスを降りて真っ暗なインドのイミグレに通される、
↓↓↓



こんな夜にイミグレに入ったのも初めてだし、ロウソクの灯りの中で手続きをするのも初めてだ

これだけ見たら麻薬取引現場にしか見えないのでは??
↓↓↓



灯りも何もないボーダーを越える。密入国ではないだろうな??
↓↓↓



ネパール側のイミグレ、ここでビザの申請をする。30日で40㌦ 15日で25㌦

間違っても立ち入り禁止の波止場の第三倉庫ではない(近○真彦の『アンダルシアに憧れて』引用)
↓↓↓



この日はここで一泊、乗客はみんな否応無しにゲストハウスのドミトリーに放り込まれるのだ。

次の日朝の6時ごろに叩き起こされて、カトマンドゥ行き、ポカラ行きのそれぞれのバスに乗り込む

ここでも荷物を積み込むのだがチップを要求された…そんなもんこっちの気持ちだろうが(怒)

しかもスノウリからのバスはおもいっっっっっっっっっっっきりローカルバス、一瞬でバスの中は満員に(涙)

何でツアー予約でローカルなんじゃい!! こんな場所にいれるかぁぁ(怒) という事で屋根の上に移動
↓↓↓



ブツブツ言ってたのだが、意外と屋根の上は快適だ♪ 横から見るとこんな感じで俺らのバスは+荷物
↓↓↓



埃はスゴイのだが景色は最高だった、それで俺の見た世界をちょっと覗いて見ましょう
↓↓↓









いやいや何ともいえない景色ですなぁ~

そんな景色を見ながらバスの天井で記念に一枚♪♪
↓↓↓



夕方にカトマンドゥに到着、ミテクダサイこの道の広さ、清潔さ、静かさ(←見えない)

インドから来た人は感動する事はまず違いないでしょう。インドからネパールに入ったから感動できたが

もしこれが逆でネパールからインドに入ったら…俺はネパールに引き返したかも(笑)
↓↓↓



俺がネパールに来た目的はトルコ行きのチケットをゲットするためだ、デリーで買おうと思ったのだが

往復で12万円もした…払えるかそんなも~ん何ヶ月暮せると思ってンネン(怒)

ネパールで買った方が安いという情報を手に入れたので遠路はるばるやってきた訳だ。

さらにこっちでもチケットが高いのなら、多少不安ではあるがパキスタンを陸路で越えようと思ってたので

パキスタンビザ取得のためにネパールに来たのである。陸路で行くのはいいのだが、イランも越える事になる

パキスタンとイランの国境はかなりデンジャーらしい、しかし俺にとって飛行機も同じくらいデンジャーだ

どっちがいいのか俺には判断ができない…つぅ~か、どっちもイヤなのよ(怖)←小心者でスイマセン

ある日パキスタンのビザを取りに行くためにパキスタン大使館へと出かける

天気も良くて絶好のビザ日和?? 空か大地か…悩む
↓↓↓



昼飯にダルバール(ネパール料理)をいただくのだが…ご飯の量が半端ねぇ~よ
↓↓↓



大使館に向かう途中の空、町もキレイなのだがネパールは空や雲が本当にキレイだった
↓↓↓



大使館は時間が遅すぎて閉まっていた。しかも後で知ったのだが、パキスタンのビザをもらうには

日本大使館のレターが必要らしい、しかも現在、日本大使館がレターを発行していないので

日本人がパキスタンへ入るのは不可能という事がわかったのであった。

という事は残された方法は…飛ぶ(涙)

いゃぁぁぁぁぁぁぁぁ~、あの雲を俺は下から見るだけで十分満足できる男なのよ。

上から見ても確かにキレイなのだが別に見なくても俺の人生に何の支障もない、

見上げる雲が好き、見上げる空が好き、町並み+空が好き

見下ろす雲はイヤぁ、見下ろす大地はイヤぁ、揺れてる飛行機の羽根+雲…最悪の組み合わせだ(涙)
↓↓↓



近づかなくてもキレイなのに…
↓↓↓



屋上からで十分なのに…ライト兄弟お前らが悪いんだ、お前らなんて事をしてくれたんだ(怒)

お前らはそれで良かっただろう飛行機が好きなんだから、好きだから発明したのだろうし、

飛んだ時はそれはそれは興奮しただろう、嬉しかっただろう、みんなからチヤホヤされただろう

しかぁ~し、お前らは少しも考えなかったのか!? 後々あんたらの発明した飛行機が空を飛び回り

いろんな国に行けるようになったのは良いのだが、みんながみんな飛行機が好きだと思っていたのか?

中には空が怖くて、お前らの発明にこんなにも悩まされる日本人が現れるだろうと…考えなかったのか~(怒)
とまぁ偉人にキレても仕方がないことは分かっているのだが…文句ぐらい言いたいわぁぁぁぁ

本当に下からでもキレイなのに…
↓↓↓



スポンサーサイト

category: 俺@India

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://fukurou69.blog.fc2.com/tb.php/73-1323d1f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

カテゴリ

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。