拓二どこにいるの?

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

お花畑!? バックハー 

★9月14日★

サパに戻ってきたのは何のためだ?? バックハーに行くためだぁ~行くためだ。

サパから110キロ離れたバックハーで開かれる、花モン族の日曜マーケットを見るために

7時半のツアーバスで山道を走る、町までの道は道路が舗装されていないのでかなりヒドイ(涙)

しかも暑いのに窓を開けると砂埃が入ってくるので開けられない、そんな状態で山道を走ること3時間

ようやくバックハー到着。 (おそらく町のシンボルマークだと思う)
↓↓↓



町中は花モン族でいっぱい、花モンとはよく言ったもので、町中がお花畑のように彩られていた
↓↓↓



しかし、花モンの人は観光客なれしていないのか、ほとんどの人が『観光客』である俺らに物を売ってこない

サパとは違い、誰も「バイフォーミー」と言ってこないのである。(少し寂しい)
↓↓↓

  




お年寄りの人もオシャレ?で華やかな民族衣装で着飾っている。
↓↓↓

  




花モンA 「あなた、このスカート似合うんじゃない?」
花モンB 「エェ~ちょっと地味じゃない?」 というような会話はおこなわれていない。
↓↓↓



花モン母 「こっちの安い方にしなさい、ほら、これなんて良いじゃない。」
花モン子 「・・・さっきの店のが良いモン」
花モン父 「もうお姉ちゃんなんだから我慢しなきゃな」
花モン赤ちゃん 「ハァーイ~」(←イ○ラちゃん風)というような会話もモチロンおこなわれていない。
↓↓↓



花モンC 「これナンボなん? まけて~な」
花モンD 「エエやん、まけたり~な」 というような…(上と同じ)もう完全に俺の妄想です。
↓↓↓



マーケットには華やかな衣装を作るための、色鮮やかな毛糸が売られている。
↓↓↓



しかし、衣装が分厚くてモコモコして、なんだか動きにくい気がするのだが…。
↓↓↓



花モンの女性はこのマーケットを目的に近くの山から降りてくる。そりゃ手ぶらでは帰れないわな(笑)
↓↓↓



若い人も年よりもみんな同じ衣装なので後ろからは見分けがつかない。
↓↓↓



いやいや、いくらなんでも、これはわかるでしょうよ
↓↓↓



マーケットは、若い女の人の結婚相手探しの場所にもなっているらしく、

若者はビーズ入りの衣装を着て気合が入っている。モチロン結婚相手には選ばれませんでしたけど何か?
↓↓↓

  




男性陣も選ばれようと必死になって身だしなみを整える…事前にやっとけよ(笑)

きっと多くの男性がここで戦闘準備をしたのであろう、下に落ちた髪の毛が物語っている…少々キモチ悪い
↓↓↓



ここに来れば、このとっても素敵な民族衣装を買うことも出来る。
↓↓↓



まぁ観賞用だろうな、これを着こなすのは大変だろうからね。
↓↓↓



スカーフもこの通り、色鮮やかで、種類もたくさんある。
↓↓↓



民芸品も売られているのだが、サパにも売っている物ばっかりだった。
↓↓↓

  




…う~む、微妙な気がするのだが(悲)
↓↓↓



マーケットを見終わり、近くの村を突撃訪問することになり、棚田が広がる山道を歩いて登って行く。
↓↓↓



民家の中を拝見させてもらう、もちろんこの家には普通に生活している人がいるのに、ツアーに組み込まれて

次から次へと観光客が訪れ、家の中を覘かれていく…それってヒドイ気がするのだが。
↓↓↓



最近の俺らは、晴天に恵まれる。この日の、太陽もかなりの強気で攻めてきていた。
↓↓↓

  




カモも日陰に避難してジッとしている。
↓↓↓



俺はというと、暑くて我慢できなかったので、庭の湧き水で勝手に水浴び(笑)
↓↓↓



涼んでからまた別の人のお宅を訪問、今度は台所まで入っていく図々しさである。

この白人さんは、ここに歩いて登ってくるまでの悪路(ウシの糞だらけ)を何故かずっと裸足で歩いている、

たくさんの障害物(ウシの糞)を上手く避けて無事に帰れるのだろうか(笑)
↓↓↓



大勢で訪れたので、子供もそりゃ怒るよ、『突撃!○の晩御飯』よりも迷惑だ。どうもお邪魔様でした。
↓↓↓



もうマーケットも終わったのか、さっき出会ったおばさんが帰ってきた。

お相手は見つかったのかな??
↓↓↓





こうしてバックハー観光は終わり、サパへと戻るのだが、途中でツアーに組み込まれていたのか

ガイドが気を利かせたのか、中国の国境まで連れて行ってくれた…俺らそこ往復したっつ~の(笑)

バックハーのマーケットは、花モン族の人達のが集まるお祭りみたいな感じになっていた

代わり映えのしない町を綺麗に染め歩いている様は、見応えはあったのだが、全体の雰囲気としては、

俺はサパの方が好きだな、おそらく今まで行った町の中でサパは一番好きな町なのかも知れない。

人、景色、温度、町並、匂い、色、流れる時間、町をつくっている全ての要素が俺は大好きだ。

スポンサーサイト

category: 俺@Vietnam

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://fukurou69.blog.fc2.com/tb.php/87-07027e87
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

カテゴリ

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。